アクセスカウンタ

萌えミリと3コマ。

プロフィール

ブログ名
萌えミリと3コマ。
ブログ紹介
萌え系ミリタリー全般・・・雑誌『MC☆あくしず』をはじめ
アニメ『ガールズ&パンツァー』 ゲーム『艦隊これくしょん』
『ミリ姫大戦』 『少女兵器』。 コミック『鋼鉄少女』 が好きです。
pixiv http://www.pixiv.net/member.php?id=4027893
twitter http://twitter.com/alla229            ザト
zoom RSS

ガールズ&パンツァー 劇場版の奇跡@ 静かに始まった伝説

2016/03/30 11:33
驚異の快進撃を続けるガルパン劇場版、特に目を引く記事をまとめました。
あの頃こんなことあったなー、と思い出すよすがにしてもらえたら幸いです。
※非常に長いので、1記事ずつ区切って読むことをおすすめします※
また、私個人の事情により情報の更新は第32週(7/01)までとなっています。
―――――――――――――――――――――――――――――――
<ガールズ&パンツァー劇場版 2015年11月21日、全国77館にて公開>
☆or※←関連記事やツイッターへのリンクです。
―――――――――――――――――――――――――――――――
<第1週 11/21〜>
最初の土日2日間の観客動員数84.800人、興行収入 1億2800万円。
ランキングでは2位(興行収入・顧客満足度は1位)ながら、
ベスト10作品はすべて劇場数が2倍以上という状態でのランクイン。
11/24 上映予定館が24館追加され、合計101館。
―――――――――――――――――――――――――――――――
<第2週 11/28〜> ランキング2位を維持。
上映予定が3館追加、全国47都道府県すべてで劇場公開されることに。
<第3週 12/05〜> ランキング7位に後退。
<第4週 12/12〜> ランキング7位を堅持。
興行収入5億円突破、土日の動員数が先週比129%を記録。
<第5週 12/19〜>
12/18にて1館が上映終了。 5館が上映予定に追加(合計109館)
―――――――――――――――――――――――――――――――
<第6週 12/26〜>
極上爆音上映(解説)の立川シネマシティ(東京)において、
12/18公開のスターウォーズに切り替えられた最大スクリーン
  a studio(386席)に1週間で返り咲く(1日5回上映中4回、2/03まで)
12/26、立川シネマシティでガルパン音響スタッフのトークショー開催。
立川シネマシティのシネマカフェにおいて、コラボメニュー販売(追加)
―――――――――――――――――――――――――――――――
<第7週 1/02〜>
土日動員数が先週比189%、ランキングでも13位から9位に再浮上
(77館7週目の状態で。他ベスト10作品は250館以上5週目以下)
公開47日で観客動員54万人、興行収入8億円を突破。
―――――――――――――――――――――――――――――――
<第8週 1/09〜>
青森・秋田・山形・福島・富山・石川・山口・長崎県など
  14館で新たに上映開始、上映予定も3館追加され合計112館。
―――――――――――――――――――――――――――――――
<第9週 1/16〜>
興行収入が9億円を突破、島根・宮崎・鹿児島など5館で上映開始。
上映予定に19館が追加(合計54館)され、上映館の合計は131館に。
週替わりの来場特典が終了(1/30まで)

極上爆音上映の立川シネマシティで、1/16〜1/22までの間
  最大規模の384席と2位の303席を使い、1日7回上映が決定。
来場特典なしにもかかわらず、7回上映初日の1/16は全席完売
  翌1/17(日曜)も、最終上映さえ空席100未満という事態に。
―――――――――――――――――――――――――――――――
記事へトラックバック / コメント


ガールズ&パンツァー 劇場版の奇跡A 11週目の復活

2016/03/29 13:16
―――――――――――――――――――――――――――――――
<第10週 1/23〜>
1/22までに多数の劇場が上映終了(合計59館、うち2館が後日再開)
  福井・佐賀など3館が上映開始、14館が予定に追加。 上映中は40館。
シネマサンシャイン池袋で、1/30からのリバイバル上映が決定。
  1/24に上映終了したシネシティ ザート(静岡)も、2/06より再上映。

2/20から、4DX上映が決定!(4DX対応の全国33館中、30館で公開)
映画のヒットの目安とされる、興行収入10億円の大台突破が目前に。

1冊丸ごとガルパン劇場版を特集した雑誌 『ガルパンFebri』 発売。
  amazonの雑誌ランキング(アニメ・声優・コミック情報)1位獲得。
  発売2日後の1/27に、急遽緊急重版が決定(2/13販売開始予定)

極上爆音上映の立川シネマシティ、1/30(土)上映4回分が
  販売開始後数時間で全席予約完売、日曜も最終上映以外が満席。
  東京近郊(千葉・埼玉・神奈川を含めて)も上映中6館に減少した上
  2週間途絶えた来場特典復活もあり、386席×4回上映でも不足状態。

立川シネマシティ、3月末までの19週ロングランを決定。
  この時は4DXの発表直後、人気が3月末まで続くとは予想されておらず
  マッドマックスの3ヶ月すら超える極上爆音ロングランが英断と話題に。
―――――――――――――――――――――――――――――――
<第11週 1/30〜>
1/29までに上映終了を予定していた、TOHOシネマズモレラ岐阜、
  佐久アムシネマ(長野)、T・ジョイ出雲、鹿児島ミッテ10、の4館が
  上映延長を決定、10週目は40館(うち初日からの上映館は20館)
  すべてが持ちこたえて終了館ゼロとなり、来場特典復活につなぐ。
各地で1/30の初回上映は予約満席など盛況、即日で特典終了も
ランキングでも19位から11位に再浮上。(次回来場特典は2/20)

沖縄・岩手など24館で上映開始、シネマサンシャイン池袋も再上映。
  11週目にして初日の77館に迫る、公開中の劇場が合計65館に回復。
  4館が上映予定に追加、合計149館+4DX対応の30館。
1月30日(71日目)に観客動員70万人、興行収入10億円を公式に突破。
記念イベントとして2/05、新宿バルト9にてミリタリートークショーを開催。

2/04 極上爆音上映の立川シネマシティで、オデッセイ上映開始のため
  12/26から続いていた最大スクリーン(386席)の1日5回中4回上映が
  一時的に減少(386席×2回と303席×1回、2/05は303席×3回に)
2/06(土)からは386席×3回と303席×1回、2日でほぼ復活を遂げる。
―――――――――――――――――――――――――――――――
<第12週 2/06〜>
初日から上映してきたMOVIXつくば(茨城)、シネプレックスつくば
  札幌シネマフロンティア、T・ジョイ長岡 (新潟)、MOVIX三好(愛知)
  以上5館を含め、2/05までに富山県など11館が終了したものの
  横浜ブルク13、ソラリス(山形)など7館が終了を覆し、延長決定。

アンツィオ戦OVAとの同時上映をするアミューあつぎ(神奈川)など
  4館で開始、シネシティ ザート(静岡)で再上映、公開中は59館。
twitterのガルパン公式アカウントが、フォロワー数10万人突破。

立川シネマシティが極上爆音上映で有名になるきっかけとなった
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』全国規模でのリバイバル決定。
  立川では3/05から再上映、ガルパンと一緒に楽しめる可能性も。
※なお、上映回数は2/12以降から386席×1回と303席×2回に減少。

2/27公開、塚口サンサン劇場(兵庫)はイベント上映に加え
2/20からアンツィオ戦OVAを先行上映、さらに極上爆音上映の
立川シネマシティ同様、ガルパン音響チームによる調整が決定。
『こんな日に〜』とは、立川でスピーカートラブルが発生したため。
―――――――――――――――――――――――――――――――
記事へトラックバック / コメント


ガールズ&パンツァー 劇場版の奇跡B 4DX予約完売続出!

2016/03/28 13:17
―――――――――――――――――――――――――――――――
<第13週 2/13〜>
2/12までに広島バルト11、T・ジョイ久留米など4館が終了
  初日からの上映館は13に減少。 MOVIX日吉津(鳥取)ほか10館が
  上映開始、ついに全国47都道府県での公開達成! 上映中は65館。
イオンシネマ金沢では、1日5回上映中4回が最大規模の391席に。

塚口サンサン劇場(兵庫)のイベント上映(2/27と3/05)が即日完売
さらに先行上映のアンツィオ戦OVAでも2/26にイベント上映が決定
公開前の段階で上映期間1週追加、特別展示やグッズ販売も

上映予定館がさらに1館追加、合計150館+4DX対応の30館に。
  2/12までに上映終了予定だった8館が、3/04までの延長を決定。
  フォーラム八戸(青森)、フォーラム盛岡(岩手)、フォーラム福島
  フォーラム那須塩原(栃木)、岡谷スカラ座(長野)、宮崎キネマ館
  そして初日からの上映館でもあるTOHOシネマズモレラ岐阜。
  再上映のシネマサンシャイン池袋も、当初の2週から5週に延長。

ガルパン劇場版、ブルーレイとDVDの発売日が5/27に決定!
2/16(累計上映館137)時点で動員77万人、興行収入11億円突破。
劇場版のその後を描くドラマCD、5/11に発売決定。
ファンブック『月刊戦車道 特別号2』 5/27に発売決定(1も再販売)

シネプレックス水戸の4DXはガルパン音響チームによる調整が決定。
アニメイト水戸で4DX公開記念フェア開催。(横浜でも開催)
2/13ガルパン劇場版特集誌 『ガルパンFebri』 重版分発売開始。
自動車雑誌 『ドリフト天国』 にガルパン劇場版の特集記事掲載。

ガールズ&パンツァー劇場版4DX、2/20公開を前に予約受付開始。
公開3ヶ月を過ぎた作品が4DX対応の全館で上映という快挙を達成。


ガルパン4DX、2/20全国27館(合計2880席)での上映開始を前に
  初日の全上映79回(総計8296席分)が前日14時には予約完売、
  2日目も全上映72回(合計7572席)が当日1時までに予約完売。

コロナシネマワールドが4DX版のみ通常より早い予約開始を決定。
2/17多数の4DX上映館が予約受付開始、土日の即日完売が続出。
  ユナイテッド・シネマ系列の豊洲、としまえん(ともに東京)が
  2/20〜26の1週間分、全15回が初日前日(金曜)までに完売。
  札幌も土日全5回が即日、翌日曜に残る月〜金の全10回完売。
  春日部(埼玉)土日の全4回、残る月〜金の全10回も月曜に完売

USシネマ系列、土日の完売を受け2週目の予約開始時間を変更
通常水曜0時からが、つくば6時から、ちはら台8時からに遅延。
  109シネマズ大阪エキスポシティ、1週間分全21回が受付即日完売。

イオンシネマ系列では、みなとみらい(神奈川)がガルパン4DXのみ
  予約期間を変更(通常2日先まで受付を、木曜に翌週金曜まで受付)
  みなとみらい(神奈川・96席)初日前日までに2/20〜26の全30回完売。
反響の大きさに、上映開始前に公開期間延長が決定。
  四條畷(大阪)も1週分の全16回が予約受付後に即日で完売。
―――――――――――――――――――――――――――――――
記事へトラックバック / コメント


ガールズ&パンツァー 劇場版の奇跡C 4DX開始!

2016/03/25 11:28
―――――――――――――――――――――――――――――――
<第14週 2/20〜 4DX第1週>
公開から3ヶ月、4DX版全国27館で公開!(残る6館は3/05〜)
  USシネマ千葉ニュータウン(千葉)、USシネマ木更津(千葉)
  USシネマパルナ稲敷(茨城)での4DX上映(3/05〜)も決定、
全国33館の4DX対応館すべてでガルパン4DX上映が決定。

初日からの上映館でもあるシネプレックス水戸は4DX版で上映続行、
  小山シネマロブレ(栃木)も3/04まで上映延長を決定、終了館なしに。
  通常版も9館が上映開始、公開中は71館+4DX版27館と一気に増加。
4DXに合わせて、1/30以来の来場特典が復活。今回は2週連続配布。
通常版上映も各地で盛況、特典配布即日終了という事態も発生。

全国ランキングでも24位から8位に再浮上、公開から3ヶ月にして
  土日の動員数が30.091人、興行収入5966万。前週動員比384%で
  7週目以来のベスト10復帰(11週目は19→11位、ベスト10は逃す)
ランキング20位台からベスト10復帰は、2015年以降では初の快挙。
  ベスト10圏外から複数回返り咲いた記録も、2015年以降唯一の例。

丸井水戸店でガールズ&パンツァーオンリーショップ開催。
  劇場版資料など各種展示、限定グッズ販売(2/20〜3/21)
4DXが後押しとなり観客動員80万人、興行収入12億円突破。

イオンシネマ系列など、各劇場サイトで公開している週末ランキング
  21館中16館でベスト5にランクイン。イオンシネマ系、金沢(2/13〜)
  四條畷(2/20〜通常版と4DX)みなとみらい(2/20〜4DXのみ)1位。
  さらに、1/30から上映を続ける熊谷(埼玉)でも1位に返り咲く快挙。
ユナイテッド・シネマ系列全体でも、4DXのみで2位にランクイン。
  系列37館のうち4DX対応の11館、上映56回5972席完売で達成。

塚口サンサン劇場(兵庫)でアンツィオ戦OVA公開(26にイベント上映
劇場版は2/27から開始。 イベント上映(2/27、3/05)はすでに完売済
極上爆音上映の立川シネマシティ、2/20(土)のみ386席×2回に減少。
翌21以降からは386席×2回と303席×1回に回復し、席数でも微増。
  2/26のみ、386席×2回と303席×2回の1日4回上映が復活。

<ガルパン4DX、第1週目で驚異的な完売率と売り上げを達成>

☆2/20(初日)の全上映79回(総計8296席)が前日14時には予約完売。
  2/21(2日目)全上映72回(合計7572席)も当日1時までに予約完売。
☆月〜金の平日も、27館の5日間合計で上映325回34.020席のうち
  50%以上の175回17.754席が完売となり、平日でも空席6098未満(20%)
※平日の全上映回完売館数は、10館(2/24水)〜最大20館(2/22月)
  1週分の販売は43.790席以上、1席2.500円としても興行収入1億円超。

☆1週分の全上映回が予約完売したのは、USシネマちはら台(9回)。
 イオンシネマみなとみらい(30回)、イオンシネマ四條畷(16回)。
 ユナイテッド・シネマ系の札幌、豊洲、としまえん、キャナルシティ(15回)
 春日部、入間(14回)。 109シネマズ大阪エキスポシティ(21回)の10館。

☆平日でも完売に近い稼働率80%以上は(( )内は平日5日間の合計空席)
  シネプレックス水戸(空席29未満)、同じく枚方(空席55未満)
  USシネマつくば(空席30未満)、ユナイテッド・シネマ前橋(空席62未満)
  コロナシネマワールド系の中川(空席16未満)、小田原(空席95未満)
  安城(空席119未満)、金沢(空席185未満)、福山(空席190未満) など。

☆ガルパン4DX、ユナイテッド・シネマ系列の豊洲・としまえん(東京)
  2週目も2/27〜3/04の1週分全15回が即日予約完売する事態に。
イオンシネマみなとみらいも、1週分全28回が受付翌日には完売。
  2週連続の全上映会完売を受け、3/24までの上映延長を決定。
☆ガルパン4DX、好評を受けUSシネマちはら台で平日1回から2回に
  ユナイテッド・シネマ札幌でも平日2回から3回に上映回数増加。
―――――――――――――――――――――――――――――――
記事へトラックバック / コメント


ガールズ&パンツァー 劇場版の奇跡D 4DX絶好調!

2016/03/24 11:18
―――――――――――――――――――――――――――――――
<第15週 2/27〜 4DX第2週>
2/26にアンツィオ戦OVAと同時上映のアミューあつぎ(神奈川)が終了、
  塚口サンサン劇場ほか4館が開始、公開中は74館+4DX版27館。
来場特典2週目配布。先週に続いて即日配布終了館も出る事態に。

シネマサンシャイン平和島(東京)にて、ガルパン劇場版4DXの
  シートモーション最大設定 『エクストリーム上映』 3/05深夜に実施決定。
加えて、平和島でも音響監督の岩浪美和さんによる音響調整が実現。
累計動員90万人を突破、興行収入14億も目前に。

☆極上爆音上映の立川シネマシティ、土曜303席×3回、日曜386席×3回
  月曜〜386×1回と303×2回、上映時間が重なり鑑賞は2回が限度に。
  3/05(土)からは386席×1回と303席×2回、上映時間の重複は無し。
極上爆音上映の出世作ともいえるマッドマックス、公式サイトでは
  3/05から上映予定とされていたものの、現状白紙状態とのこと。

週末の動員ランキング、8位から10位に後退したもののベスト10を維持。
  イオンシネマ系列など、各劇場サイトで公開している週末ランキング
  22館中15館でベスト5にランクイン。イオンシネマ系の金沢(2/13〜)
  1/30から上映を続ける熊谷(埼玉)では、先週に続いて1位を獲得。
  ユナイテッド・シネマ系列全体のランキングでは、2位から6位に後退。

<ガルパン4DX、2週目も好調な販売実績を維持>

☆ガルパン4DX、2/27(土)の全上映27館71回7492席が前日までに完売。
  2/28(日)は上映27館66回6960席、完売は90%以上の23館62回6560席
  空席は4館4回(すべて22時以降のレイトショー)合計71席未満、約1%。

☆月〜金の平日も、27館の5日間合計で上映295回31.040席のうち
  40%以上の125回12576席が完売となり、平日でも空席8066未満(26%)
  1週分の販売は37355席以上、1席2.500円としても興収9千万円超。

☆1週分の全上映回が予約完売したのは、(※すべて2週連続の完売)
  ユナイテッドシネマ系の、豊洲(15回)、としまえん(15回)、入間(14回)
  キャナルシティ(15回)。 109シネマズ大阪エキスポシティ(14回)。
  イオンシネマ系の、みなとみらい(28回)、四條畷(14回)。 以上8館。

☆平日でも完売に近い稼働率80%以上…( )内は平日5日間の合計空席
  ユナイテッドシネマ系の、札幌(空席116未満)、春日部(空席9未満)
  前橋(空席193未満)。 コロナシネマワールド中川(空席157未満)。
  シネプレックス系の、水戸(空席16未満)、枚方(空席182未満)。
  USシネマ系の、ちはら台(空席142未満)、つくば(空席221未満) など。
―――――――――――――――――――――――――――――――
記事へトラックバック / コメント


ガールズ&パンツァー 劇場版の奇跡E 止まらない勢い

2016/03/23 11:10
―――――――――――――――――――――――――――――――
<第16週 3/05〜 4DX第3週>
3/04までに通常版が全国各地(20県51館)で上映終了。
  初日からの上映館TOHOシネマズモレラ岐阜、109シネマズ名古屋。
  1/30から2週間の再上映を期間延長した、シネマサンシャイン池袋。
  1/09からの2週間限定上映が8週まで延長を続けた岡谷スカラ座。
  同じく1/16からの2週限定が7週まで延びた宮崎キネマ館も終了。
  アースシネマズ姫路、初日から続いた通常版を終了し4DX版で続行。

3/04までに終了予定だったのは20県51館。 そのうち
  イオンシネマ系列の、北見、弘前、石巻、三川、大井、県央
  フォーラム福島、MOVIE ON やまがた、サザンプレックス(沖縄)
  再上映館のシネシティ ザート など、10県18館が延長を決定。
宇都宮ヒカリ座(栃木)で、4/29〜5/8の期間限定上映が決定!

☆シネマサンシャイン系列の、平和島(東京)、エミフルMASAKI(愛媛)
  沼津(静岡)。 USシネマ系列の、パルナ稲敷(茨城)、木更津(千葉)
  千葉ニュータウン(千葉)で4DX上映開始、全国33の対応館完全制覇。
  上映予定館すべて(通常版150館は先週までに、4DX33館)公開完了。
※公開中は41館+4DX版33館、初日からの上映館は11館に大きく減少。

イオンシネマ幕張新都心(千葉)で高品質『ULTIRA上映』が開始。
2/20から2週間限定上映予定だった名古屋茶屋も、上映延長に加え
ULTIRA規格での上映が決定、小樽(北海道)でも『THX上映』を実施。
  これらの高品質上映は、のちのち大きな話題を呼び長期上映になる。

極上爆音上映の立川シネマシティ、16週目に入ってもなお好調。
マッドマックス延期も重なり、3/12(土)からは最大席数の386×4回。
累計動員数95万人、興行収入15億円突破。

週末の動員ランキング、4DXは上映回数・販売実績とも伸ばしたものの
  全国各地の通常版終了・上映回数減少が響き、惜しくも11位。
  イオンシネマ系列など、各劇場サイトで公開している週末ランキングは
  17館中6館でベスト5にランクイン。(みなとみらいの2位が最高)
  ユナイテッド・シネマ系列全体のランキングでは、6位から5位に復活。

<ガルパン4DX旋風、勢い止まらず全国を席巻>

ガルパン4DX、全国に33ある4DX対応館すべてで公開・同時上映達成。
シネマサンシャイン平和島、4DXのシート挙動を最大に設定した
ガルパン4DXエクストリーム上映、好評を受け上映回数追加。
3/11・12・19・20の深夜と3/21(祝日)の早朝に実施が決定。

☆連日の大入り状態を受け、27館中11館が3週目にして上映回数増加。
  11館のうち8館が平日も増加、3館が金土日のみ上映回数増加。
  逆に上映回数減少は5館。3館が平日も減少、2館が土日のみ減少。

☆4DX3週目、全上映33館のうち土曜20館、日曜18館が全上映回完売。
  土日の183回のうち107回が完売、17051席(85%)以上を予約販売。
  平日も409回のうち75回が完売、予約販売率は19.265席(43%)以上。
  1週分の販売は36.316席以上、1席2.500円としても興収9千万円超。

☆1週分の全上映回が予約完売したのは5館。
  ユナイテッドシネマ系の、豊洲(15回)、としまえん(14回)
  キャナルシティ(8回)。 109シネマズ大阪エキスポシティ(21回)。
  イオンシネマみなとみらい(28回) ※すべて3週連続の全上映完売

☆平日でも完売に近い稼働率80%以上…( )内は平日5日間の合計空席
  ユナイテッドシネマ系の、札幌(空席189未満)、春日部(空席233未満)
  水戸(空席303未満)。シネマサンシャイン平和島(空席87未満)
―――――――――――――――――――――――――――――――
記事へトラックバック / コメント


ガールズ&パンツァー 劇場版の奇跡F 広がる特殊上映

2016/03/22 13:28
―――――――――――――――――――――――――――――――
<第17週 3/12〜 4DX第4週>
3/11までに、初日からの上映館109シネマズ菖蒲、T・ジョイ博多など
  32館が終了、残る通常版上映館は9館まで減少したものの
イオンシネマ系列の、小樽(THX上映)、金沢、名古屋茶屋(ULTIRA)
幕張新都心(ULTIRA上映)、天童(山形)、熊谷(埼玉)、防府(山口)
  ルミエール秋田、小山シネマロブレ(栃木) など12館が延長。
※公開中は21館+4DX版33館、初日からの上映館は9館に。

日本ではまだ東京のシネマサンシャイン平和島しか導入していない、
  立体音響システム imm sound による上映が決定!(3/19・20深夜)
加えて、音響監督の岩波美和さんによる調整が実現。(3/21早朝追加)

累計動員数、ついに100万人突破! 興行収入16億も目前に到達。
イオンシネマ幕張新都心のULTIRA上映、延長に加え上映回数増加。
鶴岡まちなかキネマ(山形)で、春休み期間3/26〜4/8の上映決定。

☆イオンシネマ系列など、各劇場サイトで公開している週末ランキングは
  10館中6館でベスト5にランクイン(最高はみなとみらいの3位)
  ユナイテッド・シネマ系列のランキングでは、5位から6位に後退。
☆極上爆音上映の立川シネマシティ、最大の386席×4回上映が終了
  3/19からは386席×1回と303席×2回(上映時間の重複あり)に。

☆4DXは4週目に入っても好調を維持、33館中16館が上映回数増加。
  16館のうち15館が平日も増加、1館が金土日のみ上映回数増加。
  (逆に減少は2館・・・1館が平日も減少、1館が土日のみ減少)
☆土日とも、1日の上映が100回11.000席を突破するほどに拡大。
  平日も順調に増やし、上映95回10.296席と4週目にして最多規模。

☆全上映33館のうち土曜9館、日曜7館が全上映回完売。
  土日210回のうち62回が完売、22868席の62%、14203席以上が予約。
☆平日は上映477回のうち52回完売、51.704席の29%、15.195席が予約。
  1週分の販売は29.398席以上、1席2.500円としても興収7千万円超。

☆1週分の全上映回予約完売したのはユナイテッドシネマ豊洲(15回)
  109シネマズ大阪エキスポシティ(28回) ※4週連続の全上映完売
☆平日でも完売に近い稼働率80%以上は、ユナイテッドシネマ系の
  としまえん(週間空席71未満)、キャナルシティ13(空席220未満)
  イオンシネマみなとみらい(空席119未満) 以上3館。
―――――――――――――――――――――――――――――――
記事へトラックバック / コメント


ガールズ&パンツァー 劇場版の奇跡G 迫る終局(春休み)

2016/03/21 11:09
―――――――――――――――――――――――――――――――
<第18週 3/19〜 4DX第5週>
3/18までに塚口サンサン劇場をはじめ、初日からの上映館でもある
  横浜ブルク13、ufotable CINEMA(徳島)など11館がついに終了。
  4DX含め、春休み映画開始を前にとうとう全国的なラストウィーク。
  残る通常版上映館は5館・・・初日から上映を続ける新宿バルト9、
  立川シネマシティ、川崎チネチッタ、梅田ブルク7、T・ジョイ京都。

ULTIRA上映のイオンシネマ幕張新都心と名古屋茶屋に加え、金沢、
シネマ太陽函館(北海道)、一関シネプラザ(岩手)が3/24まで延長。
4DXもコロナシネマワールド系列をはじめ多数の劇場が継続を決定
ユナイテッドシネマ系も全4DX館で3/26からアンコール上映を発表。
  上映中は通常版10館+4DX33館。

倉吉パープルタウン シネマエポック(鳥取県)で4/9〜5/6の上映決定。
ULTIRA上映のイオンシネマ幕張新都心、春休み以降の延長が決定。

シネマサンシャイン平和島の通常版imm sound、4DXエクストリーム上映
ともに1週目の即日完売を受け、追加上映決定(3/25・26深夜、27早朝)
通常版imm sound上映はさらに、3/25から通常時間(夕方)上映決定。

3/20(日)大洗で春祭りが開催、昨年以上の盛況に。
劇場版BD・DVDに収録される特典OVA『愛里寿・ウォー!』も発表。
極上爆音上映の立川シネマシティ、工事のため最大シアター(386席)が
3/25〜30まで休映、その影響により上映回数が303席×1回に減少。

☆イオンシネマ系列など、各劇場サイトで公開している週末ランキングは
  6館中4館でベスト5にランクイン(最高はみなとみらいの2位)
  ユナイテッド・シネマ系列のランキングでは、6位から8位に後退。

☆4DXは来週からのバットマンvsスーパーマンを控え、最後の盛り上がり。
  月曜が祝日に加え金曜から新作開始のため単純比較できないものの
  上映回数はさらに増え、土・日・祝の三連休は毎日115回12.000席以上
  平日(火・水・木)も毎日110回11.900席、1日あたりの過去最高を記録、
  1週間の上映が700回75.764席に到達、予約販売率は40%(30.656席)

☆映画公開から4ヶ月、4DX開始から5週目になってもなお予約完売発生。
  ユナイテッド・シネマ豊洲と、109シネマズ大阪エキスポシティ の2館は
  5週連続全上映回予約完売の快挙、予約率80%以上を4館が維持。
  (UCとしまえん、UCキャナルシティ、acみなとみらい、CS平和島)

☆全上映33館のうち土曜5館、日曜6館、月曜祝日3館が全上映回完売。
  三連休上映349回のうち85回完売、37.804席の53%、20.046席以上予約。
☆平日上映351回のうち32回完売。37.960席の27%、10.610席以上が予約。
  1週分の販売は30.656席以上、1席2.500円としても興収7千万円超。
―――――――――――――――――――――――――――――――
記事へトラックバック / コメント


ガールズ&パンツァー 劇場版の奇跡H ひるまず突撃!

2016/03/19 11:05
―――――――――――――――――――――――――――――――
<第19週 3/26〜 4DX第6週>
3/25までに、初日から上映を続けてきた新宿バルト9をはじめ4館が
上映終了、公開4ヶ月にして鶴岡まちなかキネマ(山形)で上映開始!
  シネマサンシャイン平和島でも、imm soundが1週間の通常時間上映。
  ULTIRA上映のイオンシネマ幕張新都心、同名古屋茶屋も上映続行。
  他の通常版上映館は4館。すべて初日から上映を続けている劇場で
  立川シネマシティ、川崎チネチッタ、梅田ブルク7、T・ジョイ京都。

4DXはシネマサンシャイン系列の3館・・・沼津、エミフルMASAKI(愛媛)
  平和島(週末深夜・早朝のエクストリーム上映は実施)が上映を終了
  ほか30館は1日1回ながら上映継続、公開中は通常版8館+4DX31館。

4DXを新規導入する、109シネマズ系列のHAT神戸、四日市、佐賀
以上3館にて、ガルパン4DXが4/15からの期間限定上映決定!
4/23のグランドオープンに先駆け、プレオープンにての上映。

極上爆音上映の立川シネマシティ、公開から約半年という長期に加え
DVD発売(5/27)2週間前にあたる、5/13までのロングラン上映を決定。
さらに6千万円のラインアレイスピーカー、Meyer『LEOPARD』を導入
延期されていた『マッドマックス 怒りのデス・ロード』も再上映決定。

立川シネマシティ、改修工事明けの極上爆音上映初作品はガルパンに。
3/31から再開、386席×3回と上映回数も復活。 マッドマックス再上映と
  バットマンvsスーパーマンの極上爆音も重なり、4/02から386席×2回。
音響設備の大幅な増強に伴い、ガルパン音響チームが再調整。

アミューあつぎ(神奈川)で、アンコール上映が決定(5/07〜20)
しかも、好評だったアンツィオ戦OVAとの同時上映が再び実現。
イオンシネマみなとみらい(神奈川)、ガルパン4DXを4/22まで延長決定。
みなとみらいのガルパンカフェ、3/24にて終了。

続く好調を受けて、3/24で上映を終了したシネマサンシャイン系列の
沼津、エミフルMASAKI(愛媛)の2館が4/01以降から再上映が決定
平和島もimm sound上映とエクストリーム上映継続、通常4DXも再開

109シネマズ系列の2館(富谷・大阪)1日2回上映に増加、
  4DX版を再開するシネマサンシャイン系列3館も、1日2回上映に。

多くの劇場が1日1回上映となったため、ランキングは圏外へ後退。
  ULTIRA上映のイオンシネマ幕張新都心(5位)と名古屋茶屋(4位)は
  大型のシアターで2回上映されたことが奏功、ベスト5に踏みとどまる。
  好成績により、幕張新都心のULTIRA上映はさらなる延長が決定。

4DXは1日1回上映に減少したものの、土日は31館中11館以上が完売
  5館が80%以上を販売、土日の7240席中5494席(販売率75%)を記録。
  平日でも予約販売率45%(7429席)以上という好成績を収め、
  4館が全上映回予約完売(豊洲・としまえん・みなとみらい・109大阪)
―――――――――――――――――――――――――――――――
記事へトラックバック / コメント


ガールズ&パンツァー 劇場版の奇跡I さらなる増援

2016/03/18 13:46
―――――――――――――――――――――――――――――――
<第20週 4/02〜 4DX第7週>
4/01までに終了予定だった全館が延長、20週目にして終了館なし。
  3/24に終了したシネマサンシャイン系の沼津、エミフルMASAKI(愛媛)
  4DX再上映(平和島も通常4DX再開)。公開中は通常版8館+4DX33館。

☆淡路島唯一の映画館、洲本オリオンで5/3・4・5の期間限定上映決定。
※立川シネマシティの新生極上爆音上映、4/09から増加(386席×3回)
平和島の4DXエクストリ−ム上映、4/09・10の土日早朝に実施決定。

ULTIRA上映のイオンシネマ名古屋茶屋、週末ランキングでなお5位に。
幕張新都心でもULTIRA上映の勢いは衰えず、さらなる延長が決定。
ULTIRA上映可能なイオンシネマ岡山、新規上映の可能性に言及。
イオンシネマ春日部、5/07からULTIRAの音響限界設定上映が決定。

累計興行収入が18億円を突破、動員数も110万人が目前に。
DVD・BDに加えweb上で鑑賞できるデジタルセル配信版も発売決定。
  発売はソフト版(DVD・BD)と同時、しかも価格はほぼ半額の3.600円。

☆4DXは全33館のうち土曜8館、日曜6館、土日の86回中21回が完売。
  他5館が80%以上座席が埋まり、土日の販売率は59%(5586席)以上。
  平日の予約販売率は26%(5620席)以上、全上映回完売は1館。
☆6週連続全上映回完売を続けてきた109シネマズ大阪エキスポシティ
  45日目・上映122回で記録が途切れ、残るはユナイテッドシネマ豊洲。
―――――――――――――――――――――――――――――――
<第21週 4/09〜 4DX第8週>
倉吉パープルタウン シネマエポック(鳥取)で上映開始!(4/9〜5/6)
鶴岡まちなかキネマ(山形)に加え、初日から上映を続けてきた
川崎チネチッタがついに終了。 梅田ブルク7は終了予定を覆し続行。
  上映中は通常版7+4DX33館。 初日から上映を続けている劇場は5館。
ガルパン4DX、8週目にあたる4/09から33館中20館で上映回数復活。

冬&春休みを越えてなお、新規上映劇場が6館も追加!
岩手のみやこシネマリーン(4/23〜5/06)、イオンシネマ系列の5館
港北ニュータウン(神奈川)、春日部、京都桂川、和歌山、岡山。
しかもイオン系は全館ULTIRA上映。(5/07〜、岡山のみ5/21〜)
全国8館のULTIRA対応上映館のうち、大高(愛知)以外7館で実現。

重低音轟撃上映に加え、イベント形式のマサラ上映が好評だった
  塚口サンサン劇場(兵庫)も再上映決定。しかもDVD発売後の5/28〜
  これにより、冬・春・GWを越え公開後半年以上にわたる上映が確定。

シネマサンシャイン平和島の4DXエクストリーム上映、4/16・17土日の
  早朝にさらなる上映が決定。 大好評のまま一旦終了することに。
淡路島唯一の映画館、洲本オリオン(5/3・4・5限定上映)予約開始。

4DX対応シアターが4/23にグランドオープンする、109シネマズ系列の
  3館(HAT神戸、四日市、佐賀)で、4/15からプレオープン上映として
ガルパン4DXが上映(4/22までの期間限定、佐賀のみ4/19から開始)

イベント『第2次ハートフル・タンク・カーニバル(仮)』8/28に開催決定。
  ちなみに、前回の同イベントで劇場版の製作が正式に発表された。
宇都宮ヒカリ座(栃木)のGW期間限定上映(4/29〜5/8)に合わせ
栃木にある設定のアンツィオ高校とのコラボイベントが実施決定。

極上爆音上映の立川シネマシティ、4/09から最大シアター(386席)が
  ガルパン3回、マッドマックス再上映2回と昨年の映画で独占状態に。
  (先週末4/02・03の動員成績はマッドマックスが1位、ガルパンが2位)
  4/16からは名探偵コナン上映開始のため、303席×2回に減少。
公開から4ヶ月以上経過してなお、パンフレットが再度の重版。

週末の動員ランキング、ULTIRA上映のイオンシネマ名古屋茶屋で4位。
  ユナイテッド・シネマ系列は36館のうち11館の4DXのみで10位に復帰。
☆ガルパン4DXが7週連続全上映回完売という凄まじい記録を留めた
  ユナイテッド・シネマ豊洲、50日目・97回目にしてついに空席出現。

☆4DX全35館のうち土日完売1館、平日全上映回完売館はついに消滅。
  予約販売率も土日47%(6212席)平日19%(5867席)とペースダウン・・・
  1週間の全上映397回43532席に対し、予約販売12079席(27%)以上。
―――――――――――――――――――――――――――――――
記事へトラックバック / コメント


ガールズ&パンツァー 劇場版の奇跡J 4DX、ついに終了

2016/03/17 14:30
―――――――――――――――――――――――――――――――
<第22週 4/16〜 4DX第9週>
21週は終了館なしでもちこたえたものの、初日からの上映館でもある
梅田ブルク7、T・ジョイ京都、アースシネマズ姫路、シネプレックス水戸
ほか、4DX上映館もコロナ系8館と109大阪以外4/22までに終了発表。

109シネマズ佐賀、4DXのプレオープンとして4/19〜22の限定上映が
  熊本県を中心に発生した地震により、4/19は安全のため中止に。
安全が確認され4/20から開始、4/28までの上映延長が決定。

大洗ガルパンギャラリーが移転改装し、リニューアルオープン。
※極上爆音上映の立川シネマシティ、先週の303席×2回から回復できず
  さらに土日は上映1回、ついに本格的な上映回数減少の危機に直面。

週末の動員ランキングでは、イオンシネマみなとみらいが3位復帰。
  ユナイテッド・シネマ系列では先週の10位から9位にまさかの上昇。
台湾と香港でも公開決定、上映館が少ないため即日で予約完売。

4DXもいよいよラストウィーク、1週間の上映回数は434回と盛り返し
  バットマンvsスーパーマンが始まった6週目(221回)の倍近くに増加
  1週目(2/21、476回)とほぼ同等の人気を保ちながら終わることに。
  土日は7館以上が80%を超える販売率、うち3館が全上映回を完売。

☆4DXの販売率は土日6840席(49%)平日10124席(31%)完売は土日3館。
  最終上映回は26館中10館が完売、3館が80%以上を販売。
  9週124回上映、うち107回が完売したユナイテッドシネマ豊洲を筆頭に
  平日を含めた週間稼働率が1週も50%を割らなかった、同としまえん。
  9週間で1週しか稼働率50%を割らなかったイオンシネマみなとみらい
  ユナイテッドシネマ札幌、シネプレックス水戸など…大盛況のまま終了。
―――――――――――――――――――――――――――――――
<第23週 4/23〜 4DX第10週>
4DXを含め多数の上映館がついに終了、連休明けまで休眠期間に。
初日からの上映館でもある4館…梅田ブルク7、T・ジョイ京都、
  2/21から4DXに切り替えて上映を続けてきたシネプレックス水戸
通常版と4DXを唯一同時上映した、アースシネマズ姫路も終了。
平和島のimm sound上映も終了、上映中は通常版6館+4DX版10館。

☆4DX上映館ではコロナシネマワールド系列の全8館が4/28まで、
109シネマズ系列も大阪と佐賀のみ、4/28まで上映続行を決定。
4/22時点で、累計興行収入が19億円を突破。

初日からの上映館で残るは立川シネマシティだけになったものの
DVDの発売日(5/27)まで、半年以上となる28週超ロングランを決行。
4/29からの連休期間は386席×1回に減少、有料会員だけができる
先行予約で受付数十分後に全席完売してしまう事態が連日発生。
急遽5/2・3・4の深夜、マッドマックスと共にオールナイト上映が決定。

みやこシネマリーン(岩手)が上映開始(4/23〜5/06予定)
宇都宮ヒカリ座(栃木)は4/29〜5/8のGW期間限定上映、イベントも
ULTIRA上映の幕張新都心・名古屋茶屋が上映続行、倉吉も上映中。

塚口サンサン劇場(兵庫)、再上映のみならずTVシリーズ一挙上映
アンツィオ戦OVAと劇場版の同時上映、さらにイベント上映が決定!
  5/23〜27にTV版全話上映、5/28〜6/10にOVAと劇場版を上映予定。
  なお、TV版に音響調整が入るかどうかは現時点ではまだ未定。

上映を終了した新宿バルト9にて、5/06にミリタリー監修スタッフによる
  コメンタリー付上映会(映画を上映しながらのトークショー)開催決定。

☆4DX、販売率は土日74%(1905席)平日50%(2339席)、完売は土日2館。
  最終上映回(4/28)は10館中3館完売、2館が販売率80%以上を達成。
  109シネマズ大阪エキスポシティは最終週も全上映6回が完売
  10週で165回上映のうち完売136回、圧倒的成績を残し幕を閉じる。
―――――――――――――――――――――――――――――――
記事へトラックバック / コメント


ガールズ&パンツァー 劇場版の奇跡K 前代未聞の逆転劇

2016/03/16 08:46
―――――――――――――――――――――――――――――――
<第24週 4/30〜 4DXは上映館なし>
残る4DX上映館10館が4/28までに終了。ULTIRA上映などが始まる
5/07までの大型連休期間は、通常版上映館が7館のみという状態に。
(立川、幕張と名古屋のULTIRA、岩手、鳥取の倉吉、栃木の宇都宮)
淡路島唯一の映画館、洲本オリオン(兵庫)で5/3・4・5の限定上映。

極上爆音上映の立川シネマシティ、会員先行予約だけで連日完売、
5/2・3・4に急遽追加された深夜3時の上映回までもが全席予約完売。
5/07からの上映は最大シアターの386席×2回、見事復活を遂げる。

5/07から始まるULTIRA上映、春日部に続き和歌山も爆音上映決定。
さらに港北と京都桂川も爆音上映(5/21開始の岡山は、現在未定)

塚口サンサン劇場(兵庫)で、ガルパン音響チームの調整見学会開催。
さらに、そのまま劇場版とアンツィオ戦OVAを先行上映するイベント。
(本格的な上映開始は5/28から、さらに5/23からTV版全話一挙上映)
―――――――――――――――――――――――――――――――
<第25週 5/07〜>
5/06までに倉吉パープルタウン シネマエポック(鳥取県)、
みやこシネマリーン(岩手)、洲本オリオン(兵庫)が上映終了。
宇都宮ヒカリ座(栃木)は5/08(日)まで上映続行。
アミューあつぎ(神奈川)前回同様、アンツィオ戦OVAも同時に再上映!

イオンシネマ系列4館でULTIRA上映開始(幕張、名古屋も上映続行)
港北ニュータウン(神奈川)、春日部(埼玉)、京都桂川、和歌山。
4館とも、ULTIRAの音響限界設定による爆音上映開催が決定。

極上爆音上映の立川シネマシティ、連休期間(4/29〜5/08)全15回が
予約完売。 5/2・3・4に開催された、深夜3時の上映までもが満席に。
  5/14からは、再び386席×1回に減少。

劇場版のドラマCDが発売、初週で1万枚を突破しオリコン3位に。
各校を主役にしたアンソロジーコミックのシリーズも重版決定。
―――――――――――――――――――――――――――――――
<第26週 5/14〜>
いよいよ公開から半年を目前に控え、上映中は8館。
  立川、あつぎ、ULTIRA6館(港北・幕張・春日部・名古屋・和歌山・京都)
5/07から始まったULTIRA上映4館(港北・春日部・京都・和歌山)
  2週目の週末ランキングで春日部2位・港北3位・京都5位と健闘。

アンソロジーコミックが5/23に、劇場版の解説書2冊が6月末発売決定。
  (コンプリートブック:メガミマガジン。アルティメット・ガイド:廣済堂出版)
劇場版スタッフの寄稿を集めた公認本、版権イラスト集も予約開始。

公開からちょうど半年の5/21から5/31まで、全国153館での上映決定!
公開初日77館の約2倍、最多だった4DX2週目(2/27)の101館も超越。
  (上映なしは鳥取・山口・香川・徳島・長崎・熊本・宮崎・沖縄の8県)
27週目にして新規上映が38館の快挙、異例の来場特典配布も決定。

上映中の8館に加え、4DXは36館すべてが再上映に参加。
通常版の再上映は71館。(アミューあつぎは惜しくも5/20で終了)
  かつて2月を中心に、再上映が5週ものロングランとなった
  シネマサンシャイン池袋、シネシティ ザート(静岡)でも再々上映。
TOHOシネマズ系列4館でTCX上映決定(日本橋・船橋・市原・富士見)

イオンシネマ系列、越谷(通常版上映済)は4DX(4/22新規導入)上映。
海老名・つきみ野・近江八幡・大宮はTHX上映、岡山はULTIRA上映。
109シネマズ系列の4DX対応館、佐野以外の5館が通常版同時上映。
(大阪・佐賀以外の富谷・四日市・神戸はこれが初の通常版上映)

極上爆音上映の立川シネマシティは土日(5/14・15)とも予約完売。
全国大規模上映を受け、6/30(32週目)までの上映延長が決定。
上映回数も土日は3回、平日2回(386席・303席1回ずつ)に増加。

塚口サンサン劇場にてガルパン音響チームの調整見学会+先行上映。
イベント上映に合わせ、5/28と6/04にラジコン戦車道体験会も開催。
  (5/27〜6/10まで、日本ラジコン戦車道連盟によるフールドも展示)

☆4DXは予約開始即日完売が再び続出、衰えない人気を見せる。
  初日の5/21はユナイテッド・シネマ系列の水戸が全3回予約完売し
  札幌4回中2回、としまえん4回中3回、豊洲4回中3回+日曜2回。
  イオンシネマ系は、みなとみらいが全4回、越谷は4回中2回完売。
  109シネマズ系列の富谷と佐野は土曜の全2回、
  大阪と四日市は土日の全4回が受付即日完売。
  シネマサンシャイン系は、平和島が土日の全4回、沼津土日全2回。
―――――――――――――――――――――――――――――――
記事へトラックバック / コメント


ガールズ&パンツァー 劇場版の奇跡L 27週目の奇跡

2016/03/15 15:04
―――――――――――――――――――――――――――――――
<第27週 5/21〜>
アンツィオ戦OVAと同時上映していたアミューあつぎ(神奈川)が終了。
6/01阿佐ヶ谷ロフトAにて、スタッフ多数出演のトークショー開催決定。
シネプレックス水戸、5/28にTV版全話+アンツィオ戦OVA一挙上映と
続けざま劇場版4DXのオールナイト上映会(23時〜翌8時)が決定!

☆公開半年後にして、全国153館での大規模上映が実現!(〜5/31まで)
  うち38館が新規上映、4DX対応36館すべてが参加し1館が新規上映。
  (上映なしは鳥取・山口・香川・徳島・長崎・熊本・宮崎・沖縄の8県)
☆フォーラム那須塩原(栃木)では、アンツィオ戦OVAとの同時上映。

TOHOシネマズ系列4館でTCX上映決定(日本橋・船橋・市原・富士見)
イオンシネマ系列の海老名・つきみ野・近江八幡・大宮はTHX上映。
イオンシネマ岡山はULTIRAに加え、46席のグランシアターでも上映。
シネマサンシャイン平和島、好評だった4DXエクストリーム上映を復活

再上映の初回は新宿バルト9(405席)、川崎チネチッタ(290席)
  109シネマズ名古屋(230席)が完売、横浜ブルク13(242席、空席24)
  各地の劇場で、27週目の再上映としては異例の大入りを記録。
  イオンシネマ岡山のグランシアターは土日2回満席ならず、空席1。

☆1ヶ月ぶりの4DXも、2/21の上映開始当時に迫る大盛況。
  37館中33館の初回上映が完売し、うち26館は全上映回が完売。
  完売率は83%(98回中82回)、空席はわずか4%(10288席中408席)
  2日目も好調、完売率57%(92回中53回)空席15%(9752席中1533)

☆ユナイテッド・シネマ系列の札幌・豊洲・としまえんに加え
  イオンシネマみなとみらいは土日の全上映7回が完売。
  4DX新規導入の越谷でも全8回中7回が完売。 ほか、
  ユナイテッド・シネマ系の入間・前橋・水戸・キャナルシティ(福岡)
  コロナシネマワールド系の中川・金沢が5回以上の完売を記録。
  コロナシネマワールド系の安城・大垣、シネマサンシャイン平和島
  109シネマズ系の富谷・佐野・大阪・神戸・四日市は土日全4回完売。

週末動員ランキング、4DX初週&2週目以来となる9位に再浮上。
  ユナイテッド・シネマ系列のランキングでも6位など各地で好成績。
  イオンシネマ系を中心に週末ランキングを公開する劇場31館のうち
  14館でベスト5にランクイン。 ディズニーアニメ『ズートピア』に次ぐ
  2位を8館が奪取(4DXの越谷・みなとみらい、THXの海老名、
  ULTIRAの幕張新都心・名古屋茶屋・春日部・京都桂川・岡山)

5/22 ついに累計動員120万人、累計興行収入20億円を突破!
日本映画批評家大賞の新人声優賞(西住みほ役:渕上舞)に加え
ガルパン劇場版がサンクチュアリ作品賞(聖地=地域貢献)を受賞。

6/03、新宿バルト9にて超ロングラン御礼舞台挨拶が開催決定。
  ユナイテッド・シネマ系の4DXをはじめ、大規模再上映の延長も。
5/26 BD・DVD発売前夜祭として、トーク番組のライブ配信が決定。

塚口サンサン劇場(兵庫)で5/23〜6/10までの再上映開始。
5/23〜27のTVシリーズ全話一挙上映は本来の2.1ch音響から5.1chに、
5/28〜6/10はアンツィオ戦OVAと同時上映(イベント型上映もあり)
劇場版の音響は5.1chからさらに後方を分離し6.1chへと進化させ上映。

5/27 劇場版のBD・DVDがいよいよ発売!
6/30に劇場版の解説書籍『ガールズ&パンツァーWalker』発売決定。
☆極上爆音上映の立川シネマシティ、マッドマックスに加えズートピア
  デッドプールなどとの競合が激しく、5/27からは1日1回上映に減少。
―――――――――――――――――――――――――――――――
<第28週 5/28〜>
5/31終了の大規模再上映、多数の劇場(72館)が6/03まで延長決定。
4DXは109シネマズ系列の6館を除く、31館が6/10まで上映続行。
  通常版はユナイテッド・シネマ系の10館(すべて新規上映)が延長、
  イオンシネマ系は銚子・羽生・千葉NTの3館のみ終了、24館が続行。
  川崎チネチッタ、ルミエール秋田、チネ・ラヴィータ、京成ローザI 
  新宿バルト9、 シネプラザ サントムーン、シネシティ ザート。計72館。

ブルーレイが初週売り上げ16万枚突破、アニメ映画としては歴代4位。
6/03にオープンする、J MAX THEATER とやま(富山)でも上映決定。
かつて2週限定上映が7週続いた宮崎キネマ館、6/04〜10に再上映。

イオンシネマ系の幕張新都心・名古屋茶屋・港北・春日部・京都桂川
以上5館がULTIRAで6/11より劇場版とアンツィオ戦OVAの同時上映
さらに6/17・18・24・25・30の5日間、TV版全12話一挙上映が決定!

5/29、興行収入21億円突破。 大規模再上映は、2週目になっても
  ユナイテッド・シネマ系列の豊洲・としまえんは土日の全7回が完売
  イオンシネマみなとみらいも全7回、109大阪は土日全6回が完売。
  土日の完売率20%(214回中43回)、販売率58%(22292席中13008席)
☆シネプレックス水戸、5/28(土)23〜翌8時の一挙上映が460席完売。

週末動員ランキング、ユナイテッド・シネマ系列では8位に後退。
  イオンシネマ系を中心に週末ランキングを公開する劇場31館のうち
  4DX上映館3館がともに3位など、合計5館でベスト5に踏み留まる。
コミックアンソロジーのシリーズ全巻で40万部突破、再び重版決定。
―――――――――――――――――――――――――――――――
記事へトラックバック / コメント


ガールズ&パンツァー 劇場版の奇跡M 伝説は終わらない

2016/03/14 11:01
―――――――――――――――――――――――――――――――
<第29週 6/04〜>
6/03、富山県に新規オープンした『J MAX THEATER とやま』にて
  爆音上映が開始。 宮崎キネマ館が再上映(1週の予定が2週に)
6/25〜30、4DXを新規導入した109シネマズ菖蒲(埼玉)において
  4月下旬の神戸・四日市・佐賀と同じく、プレオープン上映が決定。

大規模再上映も6/03までに多数が終了したものの、48館が残る。
  4DXは109シネマズ系列の6館を除く31館が6/10まで上映延長、
  イオンシネマ系列のULTIRA上映館のうち、TV版全12話一挙上映と
  OVA同時上映を実施する、幕張・名古屋・春日部・港北・京都桂川。
  ULTIRAとグランシアターの岡山、THX上映の海老名・つきみ野。
  ほか、ユーカリが丘・市川妙典・熊谷・守谷も6/10まで上映継続。
  ユナイテッド・シネマ フジグラン今治。 京成ローザI(※6/05まで)
塚口サンサン劇場、テアトル石和、そして立川シネマシティ(土日満席)

DVD発売後も伸ばし、6/05に興行収入22億円を突破(動員129万人)
  大規模再上映も3週目、4DXは新作に押され基本1回上映に減少。
  客足も落ち着き、連日完売を続けてきたシネマサンシャイン平和島の
  4DXエクストリーム上映も17日目にしてとうとう空席が発生することに。

極上爆音上映の立川シネマシティで、6/25からアンツィオ戦OVA上映、
さらに6/25の深夜23時からTV版全12話オールナイト一挙上映決定!
6/18からは音響が塚口サンサン劇場と同じ6.1chへと進化を遂げる。
―――――――――――――――――――――――――――――――
<第30週 6/11〜>
塚口サンサン劇場をはじめ9館が終了、残るは立川と宮崎キネマ館
4DXは5/31で終了した109シネマズ系列の6館以外、31館が上映継続。
  イオンシネマ系列はULTIRAの5館と、熊谷・岡山・海老名。 合計41館。

イオンシネマ系のULTIRA5館(幕張・名古屋・春日部・港北・京都桂川)
  アンツィオ戦OVAとの2本立て同時上映開始。(〜6/30まで上映予定)
さらに、6/17・18・24・25・30にはTV版全12話一挙上映イベントも開催。
幕張新都心では本邦初の試みとして、TVシリーズ全12話(2.1ch)
アンツィオ戦OVA(4.1ch)劇場版(5.1ch)すべてを9.1ch音響で上映。

シネプレックス水戸でも、5/28に続いて6/17に再びオールナイトで
TV版全12話一挙上映・アンツィオ戦OVA・劇場版4DX上映が決定。
アースシネマズ姫路、6/17・18に4DXエクストリーム上映を実施決定。
シネマサンシャイン平和島、6/18〜imm sound上映復活(4DXも延長)
―――――――――――――――――――――――――――――――
<第31週 6/18〜>
アースシネマズ姫路の4DXエクストリーム上映(6/17・18)が即日完売、
  19〜23は休映するものの、6/24に追加のエクストリーム上映が決定。
☆再上映が4週続く形になった4DXも多くが終了、6/24までさらに継続は
  シネマサンシャイン平和島(imm sound復活)イオン系の越谷・四條畷。

☆通常版は立川シネマシティとイオンシネマ系列のULTIRA上映館・・・
  幕張・名古屋・春日部・港北・京都の5館に加え、岡山も6/24まで延長。
幕張新都心のULTIRA9.1ch音響TV版全12話一挙上映、即日予約完売。
好評を受け、6/25は12時からと深夜23時からの2回一挙上映が実現。
2回上映とも、予約受付即日完売に近い成果。

5/3・4・5に期間限定上映した、淡路島唯一の映画館洲本オリオンで
7/15〜21に復活。 アンツィオ戦OVAに加え、TV版一挙上映も実現。

極上爆音上映の立川シネマシティ、転売も出たTV版全12話一挙上映を
7/09・23に追加上映決定。 アンツィオ戦OVA同時上映も7/15まで延長。
そして、6/30(32週)までの上映期間を9/02(41週)までさらに継続決定。
  6/25からアンツィオ戦OVA同時上映開始、1日2回上映へと再復活。
TV版は7.1ch音響に進化、アンツィオ戦も超重低音振動に調整。
―――――――――――――――――――――――――――――――
<第32週 6/25〜>
6/25〜30、4DXを新規導入した109シネマズ菖蒲(埼玉)にて
  ガルパン4DXがプレオープン上映(※通常版は既に上映済)
平和島のimm sound上映と4DXエクストリーム上映をはじめ、
  イオンシネマの4DX(越谷・四條畷)も6/30まで延長を決定。
イオンシネマ系列のULTIRA上映館は、岡山が終了。京都は6/30に、
  港北・春日部・名古屋は7/01に終了、幕張は7/07まで上映を継続。
アースシネマズ姫路の4DXエクストリーム、6/24・25・26ともに完売。

――――― <事情により、更新はここまでになります> ―――――

<第33週 7/02〜>
ついに、残るは立川シネマシティとイオンシネマULTIRAの合計5館。
  港北・春日部・名古屋は7/07で終了、幕張も7/15でついに終了。
  7/29以降は、9/02までの上映が決定している立川の単独上映に。

※イオンシネマ幕張新都心の上映期間24週は、立川に次ぐロングラン。
  初日から上映22週の梅田ブルク7、T・ジョイ京都、シネプレックス水戸、
  アースシネマズ姫路は5/21から再上映もしているため、それを含めた
  上映期間としては総合6位ながら・・・最大規模のULTIRAスクリーンを
  使い続けた上に9.1ch音響での上映、TV版全12話一挙上映を6/25は
  昼と深夜の2回上映してほぼ完売するなど、2ヶ月遅く(1/30から)
  上映を始めた劇場としては驚異的な結果を多々残し、幕を閉じる。

極上爆音上映の立川シネマシティ、ガルパン劇場版が2016年における
  年間最高興行収入を稼ぎ出す作品となる可能性が現実味を帯びてくる。
アースシネマズ姫路、7/1・2・3と7/09に最後の4DXエクストリーム上映。

6/28、書籍『ガールズ&パンツァー劇場版コンプリートブック』発売。
6/30発売の書籍『ガールズ&パンツァーwalker』
  予約が殺到し、異例の発売前段階での重版が決定。
7/14、書籍『ガルパン・アルティメット・ガイド劇場版&アンツィオ戦OVA』

7/15〜21、淡路島唯一の映画館・洲本オリオンで再上映。
  アンツィオ戦OVAも同時上映、さらにTV版全12話一挙上映も。
109シネマズ広島(通常版上映済)が4DXを新規導入し、
  7/23〜7/28までガルパン4DXの上映を決定。
―――――――――――――――――――――――――――――――
7/02現在、上映中は11館。 初日からの上映館は立川シネマシティ。

大規模再上映の上映館は…
TOHOシネマズ系列:28館(新規1、再上映27館)
  新規:渋谷。 再上映:日本橋、西新井、錦糸町、府中、横浜、
  海老名、小田原、富士見、宇都宮、船橋、流山おおたかの森、
  八千代緑が丘、市原、甲府、上田、浜松、岐阜、西宮、橿原、
  なんば、鳳、くずはモール、図南、高知、直方、福津、与次郎
☆TCX上映は対応4館すべてで実施(日本橋・船橋・市原・富士見)

イオンシネマ系列:27館(新規15、再上映3、4DX3、上映継続中6館)
  新規:福島、むさし村山、守谷、ユーカリが丘、市川妙典、銚子、
浦和美園、羽生、明石、筑紫野。 再上映:千葉NT、熊谷、大井。
海老名、つきみ野、近江八幡、大宮はTHX、岡山はULTIRA上映。
  4DX:みなとみらい、四條畷、越谷(4/22に4DXを導入、新規上映)
  上映中:幕張新都心、名古屋茶屋、春日部、港北、京都桂川、和歌山

ユナイテッド・シネマ系列:21館(新規10、4DX11館)
  新規:南古谷、上里、あしかが、稲沢、阿久比、大津、今治、
  なかま16、久山、小倉。 4DX:札幌、豊洲、としまえん、春日部、
  入間、前橋、新潟、橿原、キャナルシティ(福岡)、水戸、枚方

T-JOY系列:再上映16館。
  大泉、蘇我、新潟万代、長岡、京都、東広島、出雲、博多、
北九州、大分、新宿バルト9、横浜ブルク13、梅田ブルク7、
  広島バルト11、こうのすシネマ、鹿児島ミッテ10
109シネマズ系列:12館(新規4、再上映2、4DX6館)
  新規:グランベリーモール、高崎、明和、広島。 再上映:湘南、名古屋
  4DX:佐野。 4DXと通常版同時上映:富谷、大阪、四日市、神戸、佐賀

☆MOVIX系列:8館(新規5、再上映3館)
  新規:昭島、三郷、清水、八尾、あまがさき。再上映:橋本、つくば、三好
☆コロナシネマワールド系列:4DX8館
  4DX:小田原、中川、安城、豊川、大垣、金沢、福山、小倉
☆フォーラム系列:7館(新規2、再上映5館)
  新規:チネ・ラヴィータ、東根。 再上映:八戸、盛岡、ソラリス、福島、
※那須塩原(栃木)はアンツィオ戦OVAも同時上映。

☆USシネマ系列:4DX5館。
  ちはら台、つくば、千葉ニュータウン、木更津、パルナ稲敷
シネマサンシャイン系列:4館(再上映1、4DX3館)
  再上映:池袋。 4DX:平和島、沼津、エミフルMASAKI
  平和島では4DXエクストリーム上映の連日上映が実現。
ディノスシネマズ系列:再上映3館。 旭川、室蘭、苫小牧

☆新規上映:テアトル石和(※〜6/10まで) 4DX:アースシネマズ姫路。
ほか再上映館:10館。 札幌シネマフロンティア、川崎チネチッタ、
京成ローザI、松本シネマライツ、テアトルサンク、ジストシネマ和歌山
ルミエール秋田、シネシティザート、サントムーン、富山シアター大都会

6/03に新規オープン、J MAX THEATER とやま(富山・6/03〜10)
6/04〜17、宮崎キネマ館で再上映。
6/25〜30、109シネマズ菖蒲(通常版上映済)新規導入した4DXで上映。
7/15〜21、淡路島唯一の映画館・洲本オリオン(兵庫)で再上映。
7/23〜7/28、109シネマズ広島(通常版上映済)新規導入の4DXで上映。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ガルパン劇場版のヒロインこと、島田愛里寿ちゃん。
センチュリオンを駆り、西住姉妹を相手に一歩も引かず
戦いを繰り広げるラストバトルは何度見ても飽きません。
―――――――――――――――――――――――――――――――
記事へトラックバック / コメント


ガールズ&パンツァー 劇場版の奇跡 上映の軌跡

2016/03/06 14:21
―――――――――――――――――――――――――――――――
最長ロングラン記録は立川シネマシティ。 初日から9/02まで、41週。

全国77館で始まり、初週土日の興行収入 は1億2800万円(2位)
以降ランキングは2位→7位→7位→5週目でベスト10圏外と推移。

7週目(1/02〜)ランキングが13位から9位に再浮上、興収8億円。
8週目(1/09〜)から14館など、新規上映館が加わっていくものの
10週目(〜1/22)までに多数の劇場が終了、上映館が40館に減少。

11週(1/30〜)上映館が65館に復活、ランキング11位(興収10億円)
13週(2/13〜)全国47都道府県すべてでの上映を達成。
14週(2/20〜)上映館71館に微増しつつ4DXが開始、(興収12億円)
週末動員ランキングも8位に返り咲き、15週も10位に踏みとどまる。

15週(〜3/04)までに20館が終了し、じわじわと減少傾向へ。
17週(3/12〜)累計動員100万人突破、興行収入16億円も目前に。
18週(〜3/25)までに通常版は8館まで減少、4DXも上映回数減。

春休みを乗り越え4DXの上映回数も回復、わずかに新規上映も。
22週(〜4/22)および翌週の4DXラストウィークで再び活況を呈し
興行収入が19億円突破、大型連休後のULTIRA新規上映につなぐ。

27週(5/21〜)上映館が8から153に激増、大規模再上映開始。
週末動員ランキング9位と奇跡の再ランクイン、興収20億円を達成。
29週(6/04〜)大規模再上映が終了しても4DXを中心に50館が残り、
4DXは37館中31館が再上映にして6/17まで4週も続くという結果に。

32週(6/25〜)でもまだ10館が上映続行、ULTIRAでTV全話一挙上映も。
―――――――――――――――――――――――――――――――
13週(11/21〜2/19の91日・約3ヶ月)以上のロングラン上映が15館。
最長記録は立川シネマシティ(初日11/21〜9/02、41週)

TOHOシネマズモレラ岐阜、109シネマズ名古屋(〜3/04、15週)
109シネマズ菖蒲(埼玉)、T・ジョイ博多(〜3/11、16週)
ufotable CINEMA(徳島)、横浜ブルク13(〜3/18、17週)
新宿バルト9(〜3/25、18週)、川崎チネチッタ(〜4/08、20週)
※ufotable CINEMA以外は5/21〜31の大規模再上映にも参加、+2週。
  
初日から春休みを越え、22週目(〜4/22)まで上映継続したのは4館。
梅田ブルク7、T・ジョイ京都(両館とも5/21〜31の大規模再上映に参加)
シネプレックス水戸(2/19に通常版を終了、4DXに切り替えて上映続行)
初日からの上映館で唯一、4DX版も同時上映したアースシネマズ姫路。
※両館とも5/21からの大規模再上映に参加、6/17まで4週上映を継続。

初日からの上映館以外では、イオンシネマ系列のULTIRA上映2館…
イオンシネマ幕張新都心(1/30〜7/15) 24週は総合6位の長期上映。
イオンシネマ名古屋茶屋(2/20〜7/08) 20週、総合9位のロングラン。

上映館は通常版202館(各種特殊上映含む)、4DX版39館。
(※4DX対応館で通常版も上映した劇場は16館…合計は225館)
4DXは第16週(3/05)段階で全国すべての対応館で上映実施。

第19週(3/26)までの再上映館は2館、いずれも再上映が5週ロングラン。
シネマサンシャイン池袋(1/30〜3/4)シネシティザート(静岡・2/06〜3/11)
この2館は5/21〜31の大規模上映にも参加し、再々上映が実現。
―――――――――――――――――――――――――――――――
春休み(第19週、3/26〜)以降の新規上映は12館。
鶴岡まちなかキネマ(山形)、みやこシネマリーン(岩手)
宇都宮ヒカリ座(栃木)、倉吉パープルタウン シネマエポック(鳥取県)
洲本オリオン(兵庫・淡路島唯一の映画館)で5/3・4・5の3日間限定。

4DXを新規導入した109シネマズ系列の3館でプレオープン上映
 HAT神戸・四日市(4/15〜22)佐賀(4/20〜28)
イオンシネマ系列4館のULTIRA上映は音響限界設定での上映が実現
 春日部(埼玉)、港北(神奈川)、京都桂川、和歌山が5/07〜。

春休み(第19週、3/26〜)以降の再上映は4館。
通常版:アミューあつぎ(神奈川、5/07〜20)※アンツィオ戦OVA同時上映
4DX版:シネマサンシャイン系列の3館。平和島(通常4DX、4/02〜22)、
     沼津(4/02〜22)、エミフルMASAKI(愛媛)4/01〜22。
―――――――――――――――――――――――――――――――
公開半年(第27週、5/21〜)以降の新規上映館は39館(主に5/21〜31)
 イオンシネマ系列では、海老名・つきみ野・近江八幡・大宮がTHX上映
 岡山はULTIRA上映に加え、VIP仕様42席限定のグランシアターも実施。
 越谷レイクタウン(通常版上映済)では4/22に新規導入した4DXで上映。
 109シネマズ菖蒲(通常版上映済)も新規導入の4DXで6/25〜30に上映。

公開半年(第27週、5/21〜)以降の再上映館は111館(主に5/21〜31)
 うち4DXは36館すべてが再上映を実現、通常版は71館が再上映。
 TOHOシネマズ系列、日本橋・市原・船橋・富士見の4館がTCX上映。
109シネマズ系列の4DX対応館、佐野以外の5館は通常版を同時上映。
 大阪・佐賀以外の富谷・四日市・神戸ではこれが初めての通常版上映。
※フォーラム那須塩原(栃木)ではアンツィオ戦OVAとの同時上映が実現。

塚口サンサン劇場(兵庫、5/23〜6/10)
 5/23〜27にTV版全話一挙上映(本来の2.1ch音響から、5.1chに変換)
 5/28〜OVAと劇場版を同時上映(5.1ch音響から後方を分離、6.1chに)
 さらにイベント型上映(マサラ上映)とラジコン戦車体験会なども開催。
―――――――――――――――――――――――――――――――
記事へトラックバック / コメント


ガールズ&パンツァー 劇場版の奇跡 話題になった各種上映

2016/03/05 14:00
―――――――――――――――――――――――――――――――
話題になった高画質上映、音響設定、イベント上映は・・・

極上爆音上映:立川シネマシティ  ガルパン劇場版人気の火付け役。
  初日から上映、3/31から新設備を投入、9/02まで41週ロングランと
  すべてが破格。上映時間帯・回数・席数・予約率でも圧倒的な数字。
※最大規模の386席と2位の303席のシアターで、基本毎日3回上映
  22週目・4/16から基本1日2回上映、5/2・3・4は深夜に追加上映)
  28週目・5/27からは1日1回。 6/25〜7/15にアンツィオ戦同時上映、
  6/25と7/09・23の深夜に、待望のTV版全12話一挙オールナイト上映。
☆6/18からは、音響が塚口サンサン劇場と同じ6.1chへとさらなる進化、
  TV版全12話一挙上映は7.1ch音響で上映。

ロングラン上映:13週(91日・約3ヶ月)以上の長期間上映が15館。
  初日から春休みを越え、22週目(〜4/22)まで上映継続したのは4館。
  立川シネマシティ以外では梅田ブルク7、T・ジョイ京都。
  シネプレックス水戸(2/19に通常版を終了、4DXに切り替えて上映続行)
  初日からの上映館で唯一、4DX版も同時上映したアースシネマズ姫路。

  初日からの上映館以外では、イオンシネマ系列のULTIRA上映2館…
  幕張新都心が1/30〜7/15まで、5ヶ月超・24週(総合6位)
  名古屋茶屋が2/20〜7/08まで、4ヶ月超・20週(総合9位)。
  幕張は再上映を除いた上映期間では立川に次ぐ2位の好成績
  さらに、ロングラン上映館のほとんどが大規模再上映にも参加。

  『再上映』を延長し5週続いたシネマサンシャイン池袋(1/30〜3/4)と
  シネシティザート(静岡・2/06〜3/11)。 2週間の期間限定上映が
  延長を繰り返し、6週以上もの長期上映になった劇場も多数存在…
  宮崎キネマ館(1/16〜3/04)、岡谷スカラ座(長野・1/09〜3/04)など。

4DX上映:公開3ヶ月目(第14週、2/20〜)という異例の上映開始ながら
  初週の土日は全上映回(151回・15868席)が当日までに予約完売、
  平日でも上映325回のうち175回完売、販売率82%(27922席)を記録。
  週末動員ランキングベスト10に返り咲き(翌週も10位に踏み留まる)
  3/05からは当時存在した4DX対応の33館すべてでの上映が実現。

  最終的には4月下旬から新規導入した4館でも上映することになり
  最長52日(ユナイテッド豊洲)、最高122回(109エキスポ大阪)という
  全上映回連続完売記録まで達成。 コロナシネマワールド系列など、
  当初2週間の短期上映予定だったのが10週も続く大ヒット作に成長。

大規模再上映:公開(11/21)からちょうど半年後の5/21から5/31まで、
  BD・DVDソフトの発売(5/27)をはさみ全国153館での上映が実現。
  (上映なしは鳥取・山口・香川・徳島・長崎・熊本・宮崎・沖縄の8県)
  その後さらに2館が追加、71館が6/03まで3日間の上映期間延長。
  4DX版は全37館が参加した上、31館が4週もの長期再上映に。

  それまでの最多上映館数は、15週・4DX2週目・2/27〜の101館で
  公開当初(77館)の約2倍という規模の上映館数もさることながら
  うち38館が新規上映という異例の事態、来場特典の配布も実施。
  4DXを上映した36館すべて再上映、新規導入した1館が新規上映。
  ULTIRAをはじめTHXやTCXなど、各劇場が誇る最大戦力を投入し
  27週目にして週末動員ランキング9位と、前代未聞の快挙を達成。

ULTIRA上映:イオンシネマ系列の高画質・高音質規格。(3/05〜)
  大高(愛知)以外の7館、うち5館は25週目(5/07)以降に開始。
  ウルティラナイト(音響限界設定)など、各地で爆音上映が実現。
※幕張新都心・名古屋茶屋・港北・春日部・京都桂川の5館では
  6/11から6/30までアンツィオ戦OVAとの同時上映が開始、
  さらに6/17・18・24・25・30にはTV版全12話一挙上映も。
☆幕張では、6/11からTV版・OVA・劇場版すべてが9.1ch音響に。

THX上映:高画質・高音質規格の上映。イオンシネマ小樽などで実施
  5/21〜31の大規模再上映時、イオンシネマは認定スクリーンを持つ
  再上映館すべて(海老名、つきみ野、近江八幡、大宮)で実施。
TCX上映:TOHOシネマズの高画質・高音質規格。市原などで実施
  5/21〜31の大規模再上映時には、対応スクリーンを持つ
  再上映館すべて(日本橋、船橋、市原、富士見の4館)で実施。

imm sound上映:次世代の立体音響システム。
  上映当時、日本で実施できたのはシネマサンシャイン平和島のみ。
エクストリーム上映:シネマサンシャイン平和島で実施。
  週末の早朝や深夜、4DXのシートモーションを最大に設定して上映。
  上映回数自体が少ないこともあり、早朝や深夜ながら全回が完売。
  5/21〜の大規模再上映では、通常レイトショー時間にて連日上映。
※6/17・18・24・25・26・7/01・02・03・09にアースシネマズ姫路でも実施。

塚口サンサン劇場(兵庫)の各種イベント型上映、音響も重低爆音。
  マサラ上映:声援はもちろんクラッカー・紙吹雪・サイリウム使用可能
  最初の上映時は2/27と3/05に、再上映時には5/28と6/04に実施。
  さらに5/28と6/04には、ラジコン戦車道体験会も同時開催。
  5/14深夜、ガルパン音響チームの調整見学+先行上映会。
  再上映の前夜祭として、5/23〜27までTVシリーズ全12話一挙上映。

OVA同時上映:アミューあつぎ(神奈川)にて、アンツィオ戦OVAを併映。
  5/21〜31の大規模再上映では、フォーラム那須塩原(栃木)も実施。
※塚口サンサン劇場ではOVAに加えTVシリーズ全話一挙上映も実施、
  2.1chのTVシリーズまで5.1音響で上映、劇場版はさらに6.1chへ進化。
※イオンシネマ系(幕張新都心・名古屋茶屋・港北・春日部・京都桂川)
  ではULTIRA上映で実現(6/11〜)、さらにTV版全12話一挙上映も。
※立川シネマシティでも、6/25〜7/15に併映、深夜にTV版一挙上映も。

TV版・OVA・劇場版オールナイト一挙上映:シネプレックス水戸において
  大規模再上映中の5/28と6/17、23時〜翌8時までTV版全12話に加え
  アンツィオ戦OVA、劇場版4DXとまとめて上映。 5/28は460席が完売。
  立川シネマシティでも、6/25と7/09・23にオールナイト上映(TV版のみ)
プレオープン上映:
  4DXを新規導入した劇場が、グランドオープン前の上映作品に選出。
  109シネマズ系列の、神戸・四日市・佐賀(4月下旬)、菖蒲(6月下旬)
―――――――――――――――――――――――――――――――
記事へトラックバック / コメント


ガールズ&パンツァー 劇場版の奇跡 各種記事・まとめ

2016/03/04 14:24
―――――――――――――――――――――――――――――――
<各種紹介記事・インタビューのまとめ>
ガルパンシリーズ特集記事 4DXレポート記事
12/26 立川シネマシティで開催された音響スタッフトークショー
1/08 新年舞台挨拶・トークショー

2/05 ミリタリートークショー(前編後編
2/21 ガルパン・オーケストラコンサート レポート
2/27・3/05 塚口サンサン劇場のイベント上映レポート インタビュー

5/06 ミリタリーコメンタリー付上映会(前編後編
5/14 塚口サンサン劇場で開催された、音響設定見学会レポート
6/03、新宿バルト9の超ロングラン御礼舞台挨拶(前編後編
イオンシネマ幕張新都心・ULTIRA9.1ch音響レポート&インタビュー

☆3D監督・柳野啓一郎さんのインタビュー記事(前編後編
ガルパン劇場版・音響スタッフ座談会
キャスト(みほ・華・生徒会チーム)インタビュー
☆キャラクターデザイン協力・野上武志さん(前編 中編 後編
―――――――――――――――――――――――――――――――
立川の極上爆音を筆頭に、TCX上映(TOHOシネマズ市原などで実施)
THX上映(イオンシネマ小樽で実施)、ULTIRA上映などの音響や画質に
こだわった上映が各地で好評を博した上、急遽決まった4DXも大ヒットし
日本ではシネマサンシャイン平和島にしかないimm sound上映まで実現。

当初2週間の期間限定上映を予定していた劇場の多くで延長を繰り返し
スター・ウォーズやオデッセイといった、ビッグタイトルとも渡り合いつつ
ロングランとなったのは、終わる前にもう一度観たくなる魅力あってこそ。
(4DXにしてもコロナシネマワールド系は当初2週間限定上映の予定で、
 戦った相手は上記2作品にバットマンvsスーパーマンなど大作ばかり)

公開から3ヶ月が経過した状態でも人気が衰えずに動員ランキング復活、
近年のアニメ映画お約束の来場特典も無いのに4DXは予約完売が続出。
1年前の作品であるアンツィオ戦OVAまでもがリバイバル上映されたほか
塚口サンサン劇場のマサラ上映や平和島の4DXエクストリーム上映など
各種イベント上映も次々に企画、チケットが瞬時に売り切れる盛況ぶり。

そして最高の奇跡…公開(11/21)からちょうど半年にあたる5/21〜31に
DVDソフトの発売日(5/27)を挟む日程で再上映が決定。それだけでなく
短期とはいえ全国153館、うち38館が新規上映という前代未聞の規模に。
(公開初日は半分の77館、これまでの最多でも15週・4DX2週目の101館)
さらに4DXは37館中31館が6/17まで延長し、4週ものロングラン再上映。

27週目まで上映が続いていた上に来場特典を配布するのは他に類がなく
週末動員ランキングでも見事9位、これまた前代未聞となる4度目の復活。
4DX対応館はすべて再上映、ULTIRAやTHXなど各劇場最大シアターを
存分に使い、塚口サンサン劇場はさらなる音響調整を加え6.1chへ進化。

TV版全12話一挙上映も塚口のほか、シネプレックス水戸が5/28と6/17
ULTIRA5館(幕張・名古屋・港北・春日部・京都)が6/17・18・24・25・30の
5回にわたるTV版全12話一挙上映とアンツィオ戦OVA・劇場版同時上映
6/25と7/09・23には立川シネマシティでも実現、さらに9/02まで41週もの
ロングランで通年上映が夢物語でなくなり、異例と記録づくしの半年間に。
―――――――――――――――――――――――――――――――
当時話題になったとはいえ、3年前の深夜アニメとしては快挙に次ぐ快挙。
特に公開3ヶ月にして4DXが始まってからの盛り上がりぶりは凄まじく
1週目の来場特典が3週目に入っても配布しきれてなかったり
声優さんの舞台挨拶イベントが、即日完売どころか公式ブログで
告知する余裕のある売れ行きだった公開当初が遠い昔のようです。

特に4DXは、閑散期にヒット作のリバイバルがけっこう実施されるらしく
2015年6月公開のマッドマックスなどは、9月に続き翌年3月にも再上映。
海外の大作ばかりな4DX対応作の中でもガルパンは異色かつ客層的に
堅実な動員が見込めそうですから、4DX作品の今後の動向しだいでは
こつこつリピート上映され、定番作となっていく展開も期待できそうです…
というか、各地で残した数字を見ると再上映しない選択肢は考えられず。

9週124回上映、うち107回が完売したユナイテッドシネマ豊洲を筆頭に
『平日を含めた』週間稼働率が9週間一度も50%を割らなかった
ユナイテッドシネマとしまえん(完売は122回中93回)と、
109シネマズ大阪エキスポシティ(完売は165回中136回)。
完売率は落ちるものの、9週間で1週しか稼働率50%を割らなかった
イオンシネマみなとみらい、ユナイテッドシネマ札幌、シネプレックス水戸。
期待の新作がコケたなど『困った時はガルパン再上映』になる可能性が。

聖地となった大洗との良好な関係でも知られていたガルパンが
日本映画批評家大賞においても地域振興への高い貢献を認められ
サンクチュアリ作品賞を受賞。4DXが大好評を博したという意味では
映画とDVDでおしまいではなく、全国各地の劇場にまで波及効果を
広げ制作者・関係者・視聴者すべての間にいい循環をもたらしたとも。

特に極上爆音上映の立川シネマシティを筆頭に、爆音イベント上映の
塚口サンサン劇場、ULTIRA9.1ch音響のイオンシネマ幕張新都心、
4DXエクストリームとimm sound上映のシネマサンシャイン平和島など
大きな特色を持つ映画館が一躍話題になり、一度でいいからあそこで
ガルパン劇場版を観たい!となったのはとても大きなことだと思います。

ガルパンでしか見られない、アニメらしく活き活きと躍動する戦車の姿と
劇場でしか味わえない圧倒的な音響の魅力を超える作品が出てくるまで、
ガールズ&パンツァー劇場版は唯一無二の存在として輝き続けるでしょう。
この素晴らしい娯楽活劇と同時代に生き楽しめたことに、心からの感謝を。
―――――――――――――――――――――――――――――――
記事へトラックバック / コメント


ガルパン絵日記 35 ガールズ&パンツァー 3コマ&イラスト5枚

2016/03/04 13:25

<ガルパン絵日記 157 盲点>

劇場版のBD・DVD特典OVA『愛里寿・ウォー!』より。
小学5年生の平均身長が150cmくらいだそうですから、
それ未満の麻子なら子供用でも着れちゃいそうです。


赤星小梅ちゃんが乗っていたパンターの砲手ちゃん。
劇場公開版では顔半分くらい隠れてしまっていたのが、
DVDソフト版ではばっちり見えるよう修正されてました。

<ガルパン絵日記 156 イモつながり>

秋山殿の料理シーンでは、あちこち置いてある小物に
大量のネタが仕込まれてそう・・・私にわかったのは
映画『大脱走』に出てきたイモ焼酎のでかいビンだけ。

作画スタッフが自主的にネタを仕込んだからすべてを
把握してるのは誰もいないという話もあるほどですし、
ガルパン劇場版の完全ガイド本を出してほしいです。


ガルパンはモブの少女たちもみんなかわいくて・・・
『わたしたち同じ部屋だよ』 のポニーテール少女が
個人的なイチオシ。 ガルパンはポニテ娘少ないし。

<ガルパン絵日記 155 永遠の謎>

劇場版のエンディングで、まほお姉ちゃんの表情アップと
何を言ったのかももちろん気になりますが・・・私としては
その前の楽しげに笑ってた会話の内容が知りたいです。

たぶんヴォイテクに関する話だと思うのですけど・・・
みほ『あのクマの名前、ヴォイテクにするんだって』
まほ「なるほど、確かにあの状況で勇敢だったな」
みほ『それでね、ボコミュージアムに寄贈するって』
まほ「そうか・・・今度、会いに行ってみようか」
みほ『ほんと? お姉ちゃんも来てくれるの?』
まほ「ああ。でも、エディンバラは少し遠くないか?」
みほ『ええ?違うよ〜。茨城にあるから大丈夫!』
まほ「冗談だよ」 みたいな会話を妄想しています。
記事へトラックバック / コメント


ガールズ&パンツァー劇場版 4DXの奇跡 各劇場の記録

2016/03/03 21:36
―――――――――――――――――――――――――――――――
※ここで記録している販売状況は、私個人が各劇場HPを確認してるため
  予約画面表示上の理由(私が閲覧した時点で席を押さえていた人が
  翻意して予約を決済しなかったため、その後空席に戻る可能性あり)
  また私の時間的都合などにより厳密な記録ができない点はご容赦を。
―――――――――――――――――――――――――――――――
☆コロナシネマワールド系列(水曜に1週分予約受付、上映20分前まで)
―――――――――――――――――――――――――――――――
小田原(神奈川・112席) 2/20〜4/28 (再上映5/21〜6/17)
@93% 1568席、14回。完売は土日全4回、平日7回。
A78% 1792席、16回。完売は土日5回、平日2回。
B37% 2576席、23回。完売は土日1回。
C22% 2576席、23回。
D21% 2464席、22回。
E45% 784席、7回。
F35% 784席、7回。
G12% 1568席、14回。
H11% 1568席、14回。
I91% 672席、6回。完売は土日2回、平日1回、最終上映回。

中川(愛知・112席) 2/20〜4/28 (再上映5/21〜6/17)
@99% 1792席、16回。完売は土日全6回、平日8回。
A91% 1792席、16回。完売は土日全6回即日、平日4回。
B71% 1792席、16回。完売は土日全6回。
C62% 1792席、16回。完売は土日5回。
D57% 1792席、16回。完売は土日祝3回。
E57% 784席、7回。完売は1回。
F47% 784席、7回。
G21% 1568席、14回。
H29% 1568席、14回。
I63% 672席、6回。完売は土日1回。

安城(愛知・120席) 2/20〜4/28 (再上映5/21〜6/17)
@93% 1920席、16回。完売は土日全6回、平日5回。
A79% 1680席、14回。完売は土日全4回即日。
B53% 1920席、16回。完売は土日4回。
C32% 2760席、23回。
D33% 2640席、22回。
E57% 840席、7回。完売は2回。
F39% 840席、7回。
G18% 1680席、14回。
H19% 1680席、14回。
I64% 960席、8回。

豊川(愛知・112席) 2/20〜4/28 (再上映5/21〜6/17)
@81% 1568席、14回。完売は土日全4回、平日2回。
A63% 1792席、16回。完売は土日全6回、平日1回。
B35% 1568席、14回。完売は土日1回。
C20% 2352席、21回。
D22% 2128席、19回。
E43% 784席、7回。
F30% 784席、7回。
G12% 1568席、14回。
H14% 1568席、14回。
I47% 672席、6回。
―――――――――――――――――――――――――――――――
大垣(岐阜・112席) 2/20〜4/28 (再上映5/21〜6/17)
@78% 1568席、14回。完売は土日全4回、平日2回。
A70% 1568席、14回。完売は土日全4回即日、平日1回。
B46% 1792席、16回。完売は土日1回。
C20% 2576席、23回。
D26% 2352席、21回。
E37% 784席、7回。
F30% 784席、7回。
G13% 1568席、14回。
H14% 1568席、14回。
I48% 672席、6回。

金沢(石川・112席) 2/20〜4/28 (再上映5/21〜6/17)
@88% 1568席、14回。完売は土日全4回、平日3回。
A72% 1568席、14回。完売は土日全4回即日、平日1回。
B61% 1792席、16回。完売は土日全5回。
C28% 2352席、21回。
D35% 2128席、19回。
E47% 784席、7回。
F40% 784席、7回。
G15% 1568席、14回。
H15% 1568席、14回。
I53% 896席、8回。

福山(広島・112席) 2/20〜4/28 (再上映5/21〜6/17)
@87% 1568席、14回。完売は土日全4回、平日3回。
A73% 1568席、14回。完売は土日全4回即日。
B27% 2352席、21回。完売は土日1回。
C20% 2576席、23回。
D34% 2128席、19回。
E48% 784席、7回。
F29% 784席、7回。
G14% 1568席、14回。
H13% 1568席、14回。
I53% 672席、6回。

小倉(福岡・140席) 2/20〜4/28 (再上映5/21〜6/17)
@52% 2940席、21回。完売は土日全6回。
A43% 1960席、14回。完売は土日全4回。
B15% 3220席、23回。
C10% 3220席、23回。
D19% 2660席、19回。
E19% 1260席、9回。
F12% 1680席、12回。
G9% 1960席、14回。
H13% 1260席、9回。
I35% 980席、7回。
―――――――――――――――――――――――――――――――
☆ユナイテッド・シネマ系列(水曜に1週分予約受付、上映20分前まで)
―――――――――――――――――――――――――――――――
札幌(96席) 2/20〜4/22 (再上映5/21〜6/17)
@100% 1440席、15回。土日全5回が即日、平日全10回も日曜に完売。
A94% 2016席、21回。完売は土日全6回、平日11回。
B85% 1344席、14回。完売は土日全4回、平日4回。
C76% 1344席、14回。完売は土日2回、平日2回。
D65% 1728席、18回。完売は土日祝2回。
E73% 768席、8回。
F61% 672席、7回。
G34% 1344席、14回。
H57% 1344席、14回。完売は最終日の全2回。

豊洲(東京・104席) 2/20〜4/22 (再上映5/21〜6/17)
@100% 1560席、15回。土日全5回が即日、平日10回も初日前日に完売。
A100% 1560席、15回。土日全5回に加え、平日10回も即日予約完売。
B100% 1560席、15回。土日全5回即日、平日全10回も受付翌日に完売。
C100% 1560席、15回。土日全5回即日、平日全10回も日曜に完売。
D100% 1872席、18回。土日祝全9回が受付翌日、火水木の全9回完売。
E100% 832席、8回。全上映回が予約完売(6週連続)
F100% 832席、8回。全上映回が予約完売(7週連続)
G72% 1560席、15回。完売は土日の4回
H90% 1560席、15回。完売は土日4回、平日3回、最終日全2回。

としまえん(東京・104席) 2/20〜4/22 (再上映5/21〜6/17)
@100% 1560席、15回。土日全5回が即日、平日10回も初日前日に完売。
A100% 1560席、15回。土日全5回に加え、平日10回も即日予約完売。
B100% 1456席、14回。土日全4回が即日、平日全10回も完売。
C95% 1456席、14回。完売は土日全4回、平日6回。
D97% 1872席、18回。完売は土日祝の全9回、火水木の6回。
E100% 832席、8回。全上映回が予約完売。
F99% 832席、8回。完売は土日全3回、平日2回。
G61% 1560席、15回。完売は土日の3回
H79% 1560席、15回。完売は土日3回、平日3回、最終日の全2回。
―――――――――――――――――――――――――――――――
春日部(埼玉・128席) 2/20〜4/22 (再上映5/21〜6/17)
@100% 1792席、14回。完売は土日全4回即日、平日10回も月曜に完売。
A99% 1792席14回。完売は土日全4回即日、平日9回。
B86% 1792席、14回。完売は土日全4回即日、平日1回。
C50% 2688席、21回。完売は土日5回。
D47% 3072席、24回。完売は土日祝3回。
E76% 896席、7回。完売は2回。
F48% 896席、7回。完売は土曜の1回。
G26% 1792席、14回。
H38% 1792席、14回。

入間(埼玉・108席) 2/20〜4/22 (再上映5/21〜6/17)
@100% 1512席、14回。完売は土日全4回即日、平日10回も火曜に完売。
A100% 1512席、14回。完売は土日全4回即日、平日10回も完売。
B74% 1512席、14回。完売は土日全4回即日。
C62% 1512席、14回。完売は土日全4回。
D44% 2592席、24回。
E78% 756席、7回。完売は1回。
F48% 756席、7回。
G23% 1512席、14回。
H36% 1512席、14回。

前橋(群馬・108席) 2/20〜4/22 (再上映5/21〜6/17)
@95% 1512席、14回。完売は土日全4回、平日5回。
A87% 1512席、14回。完売は土日全4回即日、平日2回。
B59% 1512席、14回。完売は土日3回。
C42% 1512席、14回。完売は土日1回。
D43% 1944席、18回。完売は土日祝1回。
E48% 756席、全7回。
F44% 756席、7回。
G31% 972席、9回。
H43% 972席、9回。
―――――――――――――――――――――――――――――――
新潟(116席) 2/20〜4/22 (再上映5/21〜6/17)
@74% 1740席、15回。完売は土日全5回。
A60% 1740席、15回。完売は土日全5回。
B38% 1740席、15回。
C26% 1740席、15回。
D27% 2204席、19回。
E32% 812席、7回。
F29% 812席、7回。
G28% 812席、7回。
H25% 1624席、14回。

橿原(奈良・96席) 2/20〜4/22 (再上映5/21〜6/17)
@74% 2112席、22回。完売は土日全7回、平日1回。
A70% 1536席、16回。完売は土日5回。
B41% 2112席、22回。
C22% 2016席、21回。
D19% 2304席、24回。
E43% 672席、7回。
F29% 672席、7回。
G17% 1344席、14回。
H25% 1344席、14回。完売は最終上映回。

キャナルシティ13(福岡・96席) 2/20〜4/22 (再上映5/21〜6/17)
@100% 1440席、15回。土日全5回が即日、平日全10回も完売。
A100% 1440席、15回。土日全5回が即日、平日全10回も完売。
B100% 768席、8回。土日全3回が即日、平日全5回も完売。
C84% 1440席、15回。完売は土日4回、平日4回。
D80% 1824席、19回。完売は土日祝7回。
E83% 672席、7回。完売は3回。
F62% 672席、7回。完売は土曜の1回。
G36% 1344席、14回。
H45% 1344席、14回。完売は最終上映回。
―――――――――――――――――――――――――――――――
シネプレックス水戸(茨城・112席) 2/20〜4/22 (再上映5/21〜6/17)
@98% 2352席、21回。完売は土日全6回即日、平日13回。
A99% 1904席、17回。完売は土日全6回、平日8回。
B84% 1904席、17回。完売は土日5回。
C62% 2576席、23回。完売は土日6回。
D69% 3136席、28回。完売は土日祝13回。
E88% 784席、7回。完売は3回。
F67% 784席、7回。完売は土日の全2回。
G30% 1568席、14回。
H58% 1568席、14回。完売は土日1回、平日1回、最終上映回。

シネプレックス枚方(大阪・112席) 2/20〜4/22 (再上映5/21〜6/17)
@97% 2352席、21回。完売は土日全6回、平日6回。
A89% 1680席、15回。完売は土日全5回が即日、平日2回。
B66% 1680席、15回。完売は土日全5回。
C34% 2352席、21回。
D27% 2688席、24回。
E54% 784席、7回。完売は1回。
F36% 784席、7回。
G21% 1568席、14回。
H24% 1568席、14回。
―――――――――――――――――――――――――――――――
☆USシネマ系列(水曜に1週分予約受付、上映40分前まで)
―――――――――――――――――――――――――――――――
ちはら台(千葉・96席) 2/20〜4/22 (再上映5/21〜6/17)
@100% 864席、9回。土日全4回、平日全5回も完売。
A89% 1344席、14回。完売は土日全4回が即日、平日3回。
B51% 672席、7回。完売は土日全2回。
C23% 1344席、14回。
D17% 1824席、19回。
E44% 672席、7回。
F9% 1344席、14回。
G8% 864席、9回。
H14% 864席、9回。

つくば(茨城・96席) 2/20〜4/22 (再上映5/21〜6/17)
@97% 1440席、16回。完売は土日全6回、平日5回。
A83% 1344席、14回。完売は土日全4回、平日1回。
B38% 2016席、21回。完売は土日1回。
C18% 2016席、21回。
D17% 1824席、19回。
E20% 672席、7回。
F13% 672席、7回。
G9% 672席、7回。
H27% 672席、7回。
―――――――――――――――――――――――――――――――
☆3/05から開始のUSシネマ系列。
―――――――――――――――――――――――――――――――
千葉ニュータウン(112席) 3/05〜4/22 (再上映5/21〜6/17)
B54% 1568席、14回。完売は土日全4回。
C18% 2352席、21回。
D17% 2128席、19回。
E29% 784席、7回。
F20% 784席、7回
G13% 784席、7回。
H23% 784席、7回。

木更津(千葉・112席) 3/05〜4/22 (再上映5/21〜6/17)
B46% 1568席、14回。完売は土日全4回。
C20% 1568席、14回。
D8% 1456席、13回。
E16% 784、7回。
F7% 784席、7回
G5% 784席、7回。
H9% 784席、7回。

パルナ稲敷(茨城・112席) 3/05〜4/22 (再上映5/21〜6/17)
B26% 2352席、21回。
C15% 2352席、21回。
D5% 2800席、25回。
E21% 784席、7回。
F12% 784席、7回
G7% 784席、7回。
H17% 784席、7回。
―――――――――――――――――――――――――――――――
☆109シネマズ系列(毎日3日先まで予約受付、上映20分前まで)
―――――――――――――――――――――――――――――――
富谷(宮城・112席) 2/20〜4/22 (再上映5/21〜5/31)
@66% 3248席、29回。完売は土日全9回、平日1回。
A75% 1904席、17回。完売は土日全6回。
B37% 3248席、29回。
C31% 2576席、23回。
D25% 2800席、25回。
E55% 784席、7回。完売は土日1回。
F25% 1568席、14回
G21% 1568席、14回。
H25% 1568席、14回。

佐野(栃木・96席) 2/20〜4/22 (再上映5/21〜5/31)
@75% 2208席、23回。完売は土日全8回、平日4回。
A61% 2208席、23回。完売は土日7回。
B33% 2880席、30回。
C20% 2880席、30回。
D23% 2400席、25回。
E29% 768席、8回。
F36% 864席、9回。
G27% 864席、9回。
H47% 864席、9回。完売は最終上映回。

大阪エキスポシティ(52席) 2/20〜4/28 (再上映5/21〜5/31)
@100% 1092席、21回。土日全6回、平日全15回も受付即日完売。
A100% 728席、14回。土日全4回、平日全10回も受付即日完売。
B100% 1092席、21回。土日全6回、平日全15回も受付即日完売。
C100% 1456席、28回。土日全8回受付即日、平日全20回も完売。
D100% 1248席、25回。土日祝の全12回、火〜金の全13回も予約完売。
E100% 416席、8回。全上映回が予約完売。(6週連続)
F83% 728席、14回。完売は土日の全4回、平日1回。
G55% 728席、14回。完売は土日の3回
H69% 728席、14回。完売は土日の全4回、平日1回。
I100% 312席、6回。土日から最終上映回まで、全6回が完売。
―――――――――――――――――――――――――――――――
109シネマズ系列、新規4DX上映館のプレオープン上映
―――――――――――――――――――――――――――――――
HAT神戸(兵庫・112席) ※4/15〜22の期間限定 (再上映5/21〜5/31)
G71% 224席、2回。
H58% 1568席、14回。完売は土日の全4回。

四日市(三重・72席) ※4/15〜22の期間限定 (再上映5/21〜5/31)
G100% 144席、2回。全上映2回が完売。
H81% 936席、13回。完売は土日の全4回、最終上映回。

佐賀(佐賀・112席) ※4/19〜28の期間限定 (再上映5/21〜5/31)
H59% 560席、5回。
I65% 672席、6回。完売は土日1回、最終上映回。
―――――――――――――――――――――――――――――――
☆イオンシネマ系列(毎日2日先まで予約受付、上映20分前まで)
―――――――――――――――――――――――――――――――
みなとみらい(神奈川・96席) 2/20〜4/22 (再上映5/21〜6/17)
@100% 2880席、30回。土日全10回即日、平日20回も初日前日に完売。
A100% 2688席、28回。土日全8回即日、平日20回も受付翌日に完売。
B100% 2688席、28回。土日全8回即日、平日全20回も予約完売。
C95% 2688席、28回。完売は土日全8回、平日10回。
D88% 2784席、29回。完売は土日祝14回、火水木4回。
E100% 672席、7回。全上映回が予約完売。
F85% 672席、7回。完売は土日の全2回、平日の1回。
G49% 1824席、19回。完売は土日の2回
H52% 2496席、26回。完売は土日3回、最終上映回。

四條畷(大阪・108席) 2/20〜4/22 (再上映5/21〜6/30)
@100% 1728席、16回。土日全6回、平日全10回も受付即日完売。
A100% 1512席、14回。土日全4回、平日全10回も受付即日完売。
B73% 1512席、14回。完売は土日全4回が受付即日完売。
C44% 2268席、21回。完売は土日1回。
D42% 2052席、19回。
E81% 756席、7回。完売は2回。
F36% 756席、7回。
G22% 1296席、12回。
H34% 1296席、12回。

越谷(埼玉・84席) ※4/22、4DX新規導入。 5/21〜6/30
―――――――――――――――――――――――――――――――
アースシネマズ姫路(兵庫・96席) 2/20〜4/22 (再上映5/21〜6/26)
@75% 2688席、28回。完売は土日全8回、平日2回。
A61% 2016席、21回。完売は土日5回。
B42% 2016席、21回。完売は土日4回。
C28% 2016席、21回。
D28% 1824席、19回。
E45% 672席、7回。
F24% 672席、7回。
G14% 672席、7回。
H29% 672席、7回。
―――――――――――――――――――――――――――――――
☆シネマサンシャイン系列(毎日2日先まで予約受付、上映1時間前まで)
 3/05から3館で上映開始。 窓口販売用に、4枚は確保されてるもよう。
―――――――――――――――――――――――――――――――
平和島(東京・128席) 3/05〜4/22 (再上映5/21〜6/30)
シート挙動最大設定『エクストリーム上映』および『imm sound上映』実施。
B97% 2944席、23回。完売は土日全7回、平日10回。
C70% 3712席、29回。完売は土日全9回。
D80% 3584席、28回。完売は土日祝13回、火〜金1回。
E100% 256席、土日の全2回(エクストリーム上映)が受付即日完売。
F52% 2048席、16回。完売は土日の5回。
G59% 1408席、11回。完売は土日の3回
H73% 1408席、11回。完売は土日2回、最終上映回。

沼津(静岡・120席) 3/05〜3/24、4/02〜4/22 (再上映5/21〜6/17)
B54% 2520席、21回。完売は土日全6回。
C27% 3360席、28回。
D26% 2880席、24回。
E休映
F5% 1680席、14回
G18% 840席、7回。
H23% 840席、7回。

エミフルMASAKI(愛媛・128席) 3/05〜4/22 (再上映5/21〜6/17)
B40% 2688席、21回。完売は土日5回。
C13% 3584席、28回。
D15% 3072席、24回。
E2% 256席、2回。
F3% 1792席、14回
G9% 896席、7回。
H13% 896席、7回。
―――――――――――――――――――――――――――――――
記事へトラックバック / コメント


ガールズ&パンツァー劇場版 4DXの奇跡 上映の軌跡

2016/03/02 21:40
―――――――――――――――――――――――――――――――
※ここで記録している販売状況は、私個人が各劇場HPを確認してるため
  予約画面表示上の理由(私が閲覧した時点で席を押さえていた人が
  翻意して予約を決済しなかったため、その後空席に戻る可能性あり)
  また私の時間的都合などにより厳密な記録ができない点はご容赦を。
―――――――――――――――――――――――――――――――
@1週目 上映27館476回49.888席に対し、販売率87%(43.790席)以上。

  2/20(初日)の全上映79回(総計8296席)が前日14時には予約完売。
  2/21(2日目)全上映72回(合計7572席)も当日1時までに予約完売。
  平日も10館が全上映回完売、9館が販売率80%以上(空席200未満)
  平日上映325回の53%、175回完売。34.020席の82%、27.922席以上。
―――――――――――――――――――――――――――――――
A2週目 上映27館434回45.716席に対し、販売率81%(37.355席)以上。

  2/27(土)の全上映27館71回7492席が前日までに予約完売。
  2/28(日)上映66回中62回が完売、6960席のうち空席は1%(71席)未満
  平日も8館が全上映回完売、7館が販売率80%以上(空席200未満)。
  平日上映297回の40%、125回完売。31.264席の74%、23.198席以上。
―――――――――――――――――――――――――――――――
B3週目 上映33館592回64.156席に対し、販売率56%(36.316席)以上。

  全上映33館のうち3/05(土)20館、3/06(日)18館が全上映回完売。
  土日上映183回の58%、107回完売。19.892席の85%、17.051以上。
  平日も5館が全上映回完売、3館が販売率80%以上(空席300未満)。
  平日上映409回の18%、75回完売。44.264席の43%、19.265席以上。
―――――――――――――――――――――――――――――――
C4週目 上映33館687回74.572席に対し、販売率39%(29.398席)以上。

  全上映33館のうち3/12(土)9館、3/13(日)7館が全上映回完売。
  土日上映210回の29%、62回完売。22.868席の62%、14.203席以上。
  平日も2館が全上映回完売、3館が販売率80%以上(空席300未満)
  平日上映477回の11%、52回完売。51.704席の29%、15.195席以上。
―――――――――――――――――――――――――――――――
D5週目 上映33館700回75.764席に対し、販売率40%(30.656席)以上。

※月曜(3/21)が祝日で三連休、金曜からバットマンvsスーパーマン開始。

  全上映33館のうち土曜5館、日曜6館、月曜祝日3館が全上映回完売。
  連休上映349回の24%、85回完売。37.804席の53%、20.046席以上販売。

  火・水・木も2館が全上映回予約完売、4館が販売率80%以上。
  (金曜は上映18館18回のみ上映1944席、完売1回、販売率33%・658席)
  平日上映351回の9%、32回完売。37.960席の27%、10.610席以上販売。
―――――――――――――――――――――――――――――――
E6週目 上映32館221回23.644席に対し、販売率54%(12.923席)以上。

  全上映32館のうち土曜12館、日曜11館、平日4館が全上映回完売。
  土日上映67回の37%、25回完売。7240席の75%、5494席以上販売。
  平日上映154回の14%、23回完売。16.404席の45%、7429席以上。
―――――――――――――――――――――――――――――――
F7週目 上映33館284回30840席に対し、販売率36%(11206席)以上。

  全上映33館のうち土曜8館、日曜6館、平日1館が全上映回完売。
  土日上映86回の24%、21回完売。9360席の59%、5586席以上販売。
  平日上映198回の4%、8回完売。21480席の26%、5620席以上販売。
―――――――――――――――――――――――――――――――
G8週目 上映35館397回43532席に対し、販売率27%(12079席)以上。

  全上映35館。土日1館が完売、平日全上映回完売館はついに消滅。
  土日上映118回の12%、15回完売。12984席の47%、6212席以上販売。
  平日上映279回の1%、2回完売。30548席の19%、5867席以上販売。
―――――――――――――――――――――――――――――――
H9週目 上映36館434回46256席に対し、販売率36%(16964席)以上。

  全上映36館。土3館、日4館が完売。80%以上販売は、土5館、日3館。
  土日上映130回の19%、25回完売。13928席の49%、6840席以上販売。
  平日上映304回の6%、21回完売。32328席の31%、10124席以上販売。

  最終上映回(4/22)は26館中10館が完売、3館が80%以上を販売。
―――――――――――――――――――――――――――――――
I10週目 上映10館65回7180席に対し、販売率59%(4244席)以上。

  全上映10館。土4館、日2館が完売。109大阪が全上映回完売。
  土日上映23回の26%、6回完売。2544席の74%、1905席以上予約。
  平日上映42回の16%、7回完売。4636席の50%、2339席以上予約。

  最終上映回(4/28)は10館中3館が完売、2館が80%以上を販売。
―――――――――――――――――――――――――――――――
☆高い販売記録を残した劇場☆

最長連続完売記録:ユナイテッド・シネマ豊洲(東京・104席)
  初日から50日(上映96回)連続で完売。
  上映期間9週総合では124回のうち107回が完売、販売率95%。
  9週の間で最も低調だった8週目(4/09〜16)さえ、販売率71%を誇る。

最多連続完売記録:109シネマズ大阪エキスポシティ(52席)
  初日から45日(上映122回)連続で完売。
  上映期間10週総合では165回中実に155回が完売、販売率91%。
  一般的な4DXシアターの半分程度の席数とはいえ、驚異の完売率。

最多上映・販売記録:イオンシネマみなとみらい(神奈川・96席)
  上映回数は全4DX劇場中最多の202回、9週総合の販売率は86%。
  完売は138回、低調だった週でも50%前後の週間販売率を維持し
  初週から5週目まで毎日4回ペースで上映、最もガルパンを推した。
―――――――――――――――――――――――――――――――
シネマサンシャイン平和島(東京・128席)
  上映回数120回、うち完売53回、総合販売率74%。
  ほかの劇場から2週遅れで開始したものの、エクストリーム上映が
  週末の深夜・早朝という時間帯ながら全15回受付即日完売を記録。

ユナイテッド・シネマ札幌(北海道・96席)
  上映回数125回、うち完売48回、総合販売率73%。
  北海道唯一の4DX上映館、駅から近いこともあり好成績を残した。

ユナイテッド・シネマとしまえん(東京・104席)
  上映回数122回、うち完売93回、総合販売率91%。
  もっとも低調だった8週目でも販売率61%を誇り、豊洲に並ぶ実績。

シネプレックス水戸(茨城・112席)
  上映回数148回、うち完売65回、総合販売率73%。
  ガルパンの地元・大洗に近く多めの上映回数でも高い稼働率を記録。
―――――――――――――――――――――――――――――――
☆映画館での上映終了後、ガルパン劇場版を良い音響で楽しむには・・・
  レンタルルームなど、映画の上映能力を持つ場所を探すのも手です。
  音響設備(5.1chかどうか)最少人数・料金や予約は各店舗サイトにて。

☆映画館では、千葉県のT・ジョイ蘇我にプライベートルームがあります
  (1人から可能、3時間まで1.200円。 要電話予約、身分証持参)
  本職の映画館が用意しているだけあり、かなり音を大きくしても
  大丈夫とのこと(オープニングなどをかけ、スタッフさんに要確認)

☆ネットカフェにも、シアタールームを用意しているお店があります。
  (1人から可能、3時間で1.500円前後が相場。 ネット予約も可能)
  ただし、防音が弱くバーチャル5.1ch音響(横長のスピーカーを使い
  疑似的に5.1ch音響を再現)という場合が多いです。

☆カラオケボックスにも、DVD鑑賞可能なコース有(複数人向き?)
  店によりまちまちなので、人数や対応設備など事前確認が必要。
  コート・ダジュール(銀座)  ラウンドワン  パセラ  ビッグエコー

BD・DVD版は音響面で100ヶ所以上修正・追加されているとのことですが
映画館ではまだ上映されてないので・・・(立川など、いずれは実現しそう)
音響が良好なシアタールームでじっくり楽しむのも、いいかもしれません。
―――――――――――――――――――――――――――――――
記事へトラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

萌えミリと3コマ。/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]
文字サイズ:       閉じる